ニセコ グラン・ヒラフ

エコル日記

アーカイブ: 2020年9月

今シーズンのエコルの営業が終了しました。

| カテゴリ: その他

みなさんこんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

本日、無事今シーズンのエコルの営業が終了しました!

エコルきのこ展も今日が最終日。多くのお客様で賑わいました。

今年のエコルきのこ展は、過去最高の種数、150種もの野生のキノコを展示することができました!

展示キノコ採取にご協力いただいた皆様、有難うございました。

さて、今年もエコルでは、ニセコの自然の魅力について、身近な自然をじっくり、ゆっくり観察することを通して、多くのお客様に楽しく、知的に楽しんでいただくことができたと思います。ご利用いただき、まことにありがとうございました。

来シーズンについては、どうなることやら今のところ予測がつきませんが、また機会がございましたら、ニセコの自然の魅力を、ここニセコグラン・ヒラフをフィールドに、お楽しみいただくお手伝いができれば、と思います。

それではまた、お会いしましょう。

今シーズンもありがとうございました。m(__)m

エコルきのこ展!!

| カテゴリ: イベント

こんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今年のエコルきのこ展は、スゴイです。
展示用キノコ採集にご協力いただいた方々のおかげで、(おそらく)過去最高、150種類くらいのキノコがいま、エコルの室内に展示されています!

ただ、今年は例年とはちょっと違う、ランナップとなっているようです。

全体的に、本来なら8月下旬~9月上旬に生えるようなキノコが今年は多く、名札を新たに作るのが大変です。

中でも圧巻はこのキノコ。

Boletus pinophilus というキノコで、日本語での名前はまだついていませんが、ポルチーニの一種として、ヨーロッパではメジャーなキノコです。こんなに大きくて、状態の良いものは私も初めて見ました。素晴らしいキノコを持ってきてくださり、有難うございます。持ち込まれたときは、コロンとした幼菌だったのですが、徐々に傘が開いてきました。明日には、もう少し成長していると思われます。

その他にも、シシタケモドキやドクツルタケなど、なかなか目にする機会のない野生のキノコの実物をご覧いただくことができますよ。

 

さて、エコルきのこ展と、今年のエコルの営業は明日でおしまいです。

ぜひ皆さま、エコルに遊びにいらしてください!

 

「エコルきのこ展」開催します!(9月20、21、22日)

| カテゴリ: 未分類

皆さんこんにちは。エコル・Kiyoshiです。

 

今夏のエコルの営業も、いよいよ今週末からの連休でおしまいになります。

今年も、営業最後の3日間、9月20日(日)、21日(月)、22日(火)に、「エコルきのこ展」を開催します!

(写真は昨年のエコルきのこ展の様子です。)

この地域の野山で採集してきた野生のキノコを、可能な限り正確な名札を添えて、展示します。

例年、100種類以上のキノコが並びます。

なかなか目にすることのできない、野生のキノコの実物を、名前付きで見ることができる、キノコが好きな人には夢のようなイベントです。

きのこ展開催期間中は、私の蔵書の中から、おススメのきのこ関連書籍も大量に展示します。

これらの書籍の販売や貸し出しはエコルでは行っていませんが、会場にお越しいただければ自由に中身を閲覧することができます。

キノコについて見識を深めたい方にとっては、またとないチャンスです。

「エコルきのこ展」への入場は無料ですので、サマーゴンドラ往復乗車料金(おとな1,200円)のみでご覧いただくことができます。

また、期間中、随時私が展示キノコについての解説を行います。

野生のキノコの持ち込み鑑定も大歓迎!

「よく見かけるんだけど、名前がわからないのよね~~」というキノコの実物をお持ちいただくか、詳細な写真をお見せいただければ、キノコの種類の鑑定もいたします。

ぜひ皆さま、9月20,21,22日は、「エコルきのこ展」をご覧にいらしてください。

皆さまのお越しをお待ちしております。