ニセコ グラン・ヒラフ

エコル日記

アーカイブ: 2020年7月

エコルの周りのお花たち

| カテゴリ: 花の話

皆さんこんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今日はエコルの周りの植物が、どんな感じになっているか、見てきました。

エコルの前で、ヤナギランがやっと咲きました!

ヤナギランの周りでは、黄色いブタナや、白いフランスギクがたくさん咲いていて、花束みたいでとてもきれいでした。

フランスギク、きれいですね。

ヨツバヒヨドリは、まだつぼみです。

でも、この花は、咲くと白いおしべが目立つようになって、白っぽい感じになりますので、ピンク色の濃い、このつぼみの状態もまた、良いものですね。

エコル前の原っぱの少し下では、エゾニュウもたくさん、咲き始めました。

背の高さは3mを超える、巨大な植物です。サマーゴンドラから眺めると、凄い数のこの花が咲いているのを見ることができます。こんなにたくさん、エゾニュウが見れるのは、スキー場のゲレンデか、神威岬などの海岸くらいです。

ここから少し、マニアックです。

これは、シダ植物のタカネヒカゲノカズラです。よくある普通のヒカゲノカズラとは一味違います。ビミョーな違いですが(笑)。

エコルの前のスギゴケの群落の中に、ハイイロサカズキタケが生えているのを見つけました。このキノコがこの時期に生えるのは、けっこう珍しいことだと思います。

コケの茂みの中に生える、チョー小さいキノコ、ヒナノヒガサです。このキノコを見つけることができたら、褒めて差し上げます。

 

エコルの前の原っぱは、ようやく、夏の役者たちが出揃ってまいりました。

皆さまのお越しをお待ちしております。

天気が悪くても・・・

| カテゴリ: 未分類

皆さんこんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今日はほぼほぼ一日中、エコルの周りは濃い霧に覆われていました。ときどき、雨も降ったり。

そんな天気の悪い日でも、サマーゴンドラに乗ってエコルにお越しいただければ、ニセコの自然の展示でお楽しみいただくことができますよ。

エコルの、「森とキノコ」の展示では、紙粘土でできた実物大のキノコの模型がたくさん、展示してあります。

展示では、ニセコエリアで見られるキノコと樹木との関係が、パネルで説明してあります。

とてもリアルでかわいいキノコの実物大模型は、たいへんご好評頂いております。

昆虫標本と実体顕微鏡のコーナーは、虫に興味のある子供たちに大人気!
「虫はニガテ~~」というお母さん方も、キラキラ光るミヤマカラスアゲハの羽を顕微鏡で見てみれば、その予想外の美しさに驚かれることがしばしばあります。

じつは、このコーナー、大人がハマるところでもあります。

その他、タカの羽根の実物が並べてある「鳥と森」のコーナーや、「動物と森」のコーナー、「エコルの周りで今現在見られる花」などのコーナーがあり、ニセコの自然に関する情報が満載です。

とても一日では把握しきれないくらいの情報量がありますので、ぜひ皆さま、ニセコの自然について、エコルでじっくり楽しく、学びにいらしてください!

 

皆さまのご利用をお待ちしております。

さわやかな初夏です。

| カテゴリ: 未分類

皆さんこんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今日は天気予報は曇り、だったんですが、どちらかというと晴れている時間の方が長く、とてもさわやかな初夏の一日となりました。

今日のエコルの自然観察ツアーでは、虫と鳥を探しながら歩きました。

マダラコガネ。エコルの周りによくいます。

サッポロフキバッタのおすです。きれいな色をしていますね。

ヒカゲノカズラというシダ植物も、たくさん生えていました。

ノリウツギの葉っぱが、青々と繁っています。きれいですね。

鳥は、モズ、コゲラ、ウグイス、キジバトなどが確認できましたが、この鳥は私は初めて見る鳥で、その場ではよく分かりませんでした。エコルに戻って調べてみたところ、シメの幼鳥っぽい感じでした。札幌圏ではとくに珍しくない鳥だそうですが、ニセコの標高800m地点では、珍しい鳥です。

 

さて、そんな感じで、エコルの周りの原っぱは、今年もいろんな生き物の観察ができて、楽しいですよ!

 

皆さまのご利用をお待ちしております。