美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Long time no see!

| カテゴリ: 写真

Feb. 22, 2018

青空が見え久しぶりに顔を出してくれました!
今日は、ゲレンデコンデションも天気も良さそうですね。
皆さん楽しんで下さい!

私も滑りたい・・・。

gerende youtei

youtei_2 youtei_3

Niseko Powder History【第11回】ニセコの名を高めた名湯群

| カテゴリ: Niseko Powder History

ニセコの名を高めた名湯群

Onsen

硫黄の次にこのエリアが知られるようになったのは、温泉のおかげでした。はじまりは1885(明治18)年。岩内に住む渡島某(倶知安町百年史の記述)がチセヌプリ南麓に間欠泉を発見して、からわらに笹掛けの小屋を立てました。大湯沼、現在の湯本温泉です。渡島の没後は老いた未亡人が春から秋まで湯宿を開いたので、人はここを「婆(ばば)の湯」と呼び、いつしか馬場温泉と呼ばれていました。湯本温泉と解消されたのは、経営が替わって建物が新築された1992(大正11)年のこと。

1984(明治27)年には、倶知安への最初の入植者のひとりである山田邦吉がニセコアンヌプリの東中腹、標高600メートル付近に温泉を見つけて、1897(明治30)年に山田温泉として開業。現在のグラン・ヒラフの温泉沢コースの一画です。このできごとが、今日グラン・ヒラフがある「倶知安町字山田」のはじまりとなりました。まわりは官林だったので木が伐れず、邦吉の弟である山田和雄が山麓から道を拓き、木材を運び上げて工事を行いました。1897(明治30)年の春に山田温泉として開業しましたが、5年後に邦吉は急逝。その後は2度経営が替わり、1914(大正3)年には小樽で米穀を商っていた岡田乙吉が譲り受けます。岡田家はその後長く経営を続けました。

 

そのほか現存する温泉について起源をまとめておきましょう。

1895(明治28)年には、磯谷の成田元吉が昆布から入ったところに成田温泉(現・薬師温泉)を発見、明治32年に営業をはじめました。しかし原始林の中の一軒家ですから、春のニシン漁が終わったあとで岩内などからやって来るやん衆(ニシン漁に働きに来た男たち)や、硫黄鉱山の男たち、冬の漁師などしか客が来ず、1913(大正2)年に昆布駅からの道に尻別川を渡る端が架けられるまで、商売はふるいませんでした。この道ができると、駅と温泉のあいだに乗合馬車が通いました。

おなじ昆布の青山温泉も、成田元吉によって発見されました。成田はこれを狩太村(現ニセコ町)の青山徳治に譲り、青山は1904(明治37)年に青山温泉を開業。現在も昆布温泉にある鯉川温泉は、滋賀県の宮川久吉が磯谷の網元山川八百蔵の力を借りて1899(明治32)年に創業し、昭和7年から鯉川温泉と改称しています。

さらに西の新見温泉は1908(明治41)年に新見直太朗が発見しましたが、知られるようになったのは、新見が私費で蘭越駅から道路を開いた1914(大正3)年以降のこと。1920(大正9)年代には、ニセコアンヌプリの西に現在の五色温泉のはじまりとなる井上温泉と稲村温泉が開業し、1937(昭和12)年の冬には、ニセコアンヌプリとイワオヌプリのあいだに札幌鉄道局の山の家(のちに国鉄山の家、現ニセコ山の家)が開かれました。これは札幌鉄道局にとって、奥手稲山の家(1930年竣工)に次ぐ2番目のスキー小屋で、ワイスやチセヌプリ、ニトヌプリなどにも近い山スキーの拠点として人気を呼びました。

鉄道によって、ニセコの景勝と温泉への関心はいっそう高まっていきました。それはまた、北海道帝国大学(現・北海道大学)や小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)の街区星のあいだでスキー熱が高まっていくのと軌を一にしています。大正に入ると、時代は山スキーの大いなる魅力に目覚めていくのです。

 

 

Everyone Loves Onsens

 

We mentioned earlier that it was sulfur that first made the name “Kutchan” well known. What made the town’s name well-known next was also something from mother nature, onsens. First onset in the area was in 1885, a man found a natural spring of hot water at the Southern base of Mt.Chisenupuri. He built a small shed by the natural spring. I’m sure some of the readers may have seen this natural spring, it is now known as “Yumoto-onsen.”

In 1894, another onsen was found by a man who’s family name was “Yamada” at around 600 meters on the Eastern face of Mt.Annupuri. Those that have visited Niseko in the early 2000s may remember a hotel called “Yamada-Onsen” located at the top of Hirafu-zaka. Now we know why the Hirafu area’s street address is called Yamada!

 

Let’s look at the roots of some other onsens in the area.

Yakushi-onsen was first found in 1895, and was opened to public on 1899. Since the location was right in middle of a deep forest, the onset did not attract many guests until a road connecting the onsen and Konbu train station opened up.

Nearby Aoyama-onsen was found in 1904, Koikawa-onsen was in 1899. Niimi-onsen was found in 1908, but it wasn’t until the founder cut opened the road from Rankoshi train station in 1914 that it began to attract public attention. On the West side of Mt.Annupuri, the Goshiki-onsen was found and opened in the 1920s. In 1937, Niseko Yama-no-Ie, which is still used as base of backcountry skiing by mountain lovers today, opened.

At around the same period, the train network was improved making access to the Niseko Kutchan area much easier. If getting to Kutchan isn’t an issue, it is no surprise that the area’s rich nature, beautiful onsens, astonishing views and quality powder snow attracted a lot of visitors.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

カワセミくん in 雪トピアフェスティバル(水面滑走トライアル)

| カテゴリ: イベント, 動画

Feb. 18, 2018

I am a skier.

「激走!水面滑走トライアル in 雪トピアフェスティバル」にニセコグラン・ヒラフのキャラクター「カワセミくん」が参戦してきました。

結果は動画を見てね!

1 2 3 4 5 6 530
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.