パトロールブログPatrol Blog

パトロールブログ

春ですね

| カテゴリ: ゲレンデ状況

3月11日(木)晴れ

降雪0cm 積雪470cm 気温-6℃

風W10m/sec 雪質粉

 

今日はお天気も良くゲレンデは、最高のバーンですね☆

 

写真の時系列が最早バラバラですが…

こんなフワフワの雪の日もありました。

雲粒なし樹枝状六花。これどこだと思います?

キング第3リフトのシートの上ですよ(^^)

 

さて、これも先日のリフト救助訓練。

チェアスキーのお客様などを

救助する時の道具を引っ張り出してきて確認です。

下から上って助けに行くんです。

この写真は一人ですが

もう一人お客様が乗ってる設定で助けに行きました。

この道具を使えばチカラがそんなにいりません。

ミンナ構えますが「あれ?」と拍子抜けしてました。

 

 

作業で上ってるK隊員。

青い空に雪煙が絵になります。

こんな日もありました。

パトロール室の入り口が入れなくて大変なことに。

みんなで除雪から始まります。

今月末から少しずつ隊員の数も減っていきます。

陽射しも少しずつ強くなってきました。

3月のスキー場、好きです(^^)

大変でした

| カテゴリ: ゲレンデ状況

3月4日(木)くもり

降雪0cm 積雪490cm 気温-8℃

SW6m/sec 雪質粉

 

お久しぶりです。

パトロールは全員元気に頑張っております。

相変わらず訓練の毎日でした。

なかなかこの長い棒を

線に引っ掛けるのも定まらなくてオットット。

滅多にないことですが

安全に行えるよう確実にしておく必要があります。

リフト救助トレーニング。

ロープワークに慣れておきたいこともあるし

私は最近購入したATCも使ったりして

雪庇落としの確保にも応用できるし

このトレーニングは一石二鳥にも三鳥にもなると考えて

カラダに覚えさせるため、トレーニングに励んでいます。

この日は、とりあえずモービルくらいの高さで。

順番に自分なりに整理して手順を確認していきます。

最初に練習した日よりミンナ手際よくなってきています。

これも数日前の始業点検に出かけるときです。

トップリフト担当のパトロールたちが

先日使ったアキヤボートを山頂ステーションに運んできました。

この日は山頂までスッキリ晴れて気持ちの良い日でした。

 

そして…今日。

二日前から休日だった私が今朝出勤してくると

ミンナこの二日間のゲレンデが大変だったことを

口々に訴えてきました(^^;)

 

センターフォーリフトを下りると

高い吹き溜まりでエースヒルが見えなくなるくらいで

見たことない光景がそこらじゅうで広がっていたそうです。

 

スーパーコースと深雪コース始業点検担当パトロールが

二人で、いつもスーパーコースの雪崩れる箇所を

スキーカットしたところ…

S隊員の一本目は何事もなく

H隊員の二本目を切ってる時に

破断面の高さ30cm

幅20~30m、長さはナント…

センターフォーリフト23号柱から22号柱を

超えるくらいだったとか。

今朝H隊員が私に報告してくれました。

ここ2日間での危険個所をミンナでマーキング。

 

始業点検から帰るとN隊員が写真を見せてきました。

これは何の写真でしょうと。

「キツネでも写ってる?」「違いますよ」

いえいえ、埋まった看板の棒が見えてるだけの写真でした。

始業点検で見晴しコースに行くと「看板がない!?」

という具合になったそうです。

窓から見える景色。

K隊員が「あれ足跡なんですけど

どうして浮き上がってるか分かります?」

「足で踏んだところは圧縮されてて

周りの雪が風で飛ばされて足跡だけが残された図?」

「正解☆スキーの跡でもなりますよ」って。

自然って面白いですね。

と、いうわけで今日の危険度も探ってきました。

朝イチから「今日ピットチェックしよう」

朝リフトに乗りながら私「どこ掘る?」

N隊員「南東面ばかり雪崩てるんですよね。

できれば南東面を掘りたいですね」

今日はパトロールの人数が少なく怪我人も出ていたので

下に降りられなくなり

(パトロールは、いつでもどこでも素早く行けるよう

なるべく上にいます)

上でピットチェックできるところを3人で相談。

K隊員の「スインギングモンキー山頂で良いのでは」

という一声で向かったのですが

風が物凄く当たっていて

三人ともたちまち全身凍りつきました。

脇の雪庇を落としてから「いざ」。

ショベルで掘りながら

顔じゅう真っ白にして、目も開けられず

顔をしかめながら呟くK隊員

「誰?スインギングモンキー山頂って言ったの」

ハンドテストしてからスノーソーでカット。

何度かコンプレッションテストするとN隊員は

だいたい雪面から約80cmくらい

手首を支点に8回たたいてズレました。

12回目で完全に落ちるという感じで。

ゲレンデは吹き溜まりがあり滑走注意です。

修復

| カテゴリ: ゲレンデ状況

2月25日(木)雪

降雪10cm 積雪470cm 気温-13℃

風WSW5m/sec 雪質粉

 

今日も良い雪で何よりです。

朝イチで上ってきたお客様の歓声がゲレンデに響き渡っておりました。

 

みなさん、怪我人の処置ばかりが

パトロールの仕事ではありません。

処置の時に使う三角巾を洗濯して

アイロンがけするのも立派な仕事なんです。

※傷に使用する目的でリサイクルするものではありません

現場でコレを使うときに

アイロンがけしてくれた人の顔が浮かびます。

なので感謝しながら大切に扱います。

今日は…というか殆んどH隊員が一生懸命アイロンがけ。

まったりかと思いきや

いつでも出動できるように当然ブーツです。

食事中も休憩中もトイレにいる時も

常に厳戒態勢でいるのがパトロール。

 

さて、昨夜もナイターで怪我人が出て

4名が出払い一人B隊員が本部に残っておりましたが

最終パトロールギリギリでバタバタした中で

B隊員が最後にパトロール待機所の

ドア(歪んでいる)のカギを掛けようとして

隙間があるからか?凍っていたのか抜けなくなるという…。

今シーズン何度目でしょう…。

今日あらためて修理していると小さなネジがとんで

網目の床の下へ!!(>_<)血眼で探すミンナ。

とりあえず何とかなりましたが…。

 

支給されたグローブも大事に大事に使っております。

隊長のボロボロで穴だらけのグローブ修復を

お裁縫得意男子の一人K隊員が夜なべをしてこの通り☆

このほかパトロールでは

ソックスも自分でウールの毛糸等で修復してる男子も。

 

ゴアテックスのウェアも洗濯して整えてあげないと

機能が失われていくのをご存知ですか?

パトロールウェアはゴアテックスです。

定期的に大切にパトロールウェアを

洗濯している隊員も(人数は把握しておりませんが)。

 

個人的な見解ですが…

いい仕事をする職人は自分の道具の管理もできていて

身の回りも頭の中も整理されているイメージです。

パトロールも同じだと思います。

分かってはいるのですが…(苦笑)。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

カテゴリ