School Blogスクールブログ

未分類

GW恒例 春の森林ウォッチング!

2013年04月18日

こんにちは。スキースクールのネイチャーハイキングの営業が終わって、エコルの活動をにわかに開始しております、kiyoshiです。

 

さて、今年もゴールデンウィーク恒例の、「春の森林ウォッチング」を開催します!

 

今日、チラッと森林ウォッチングの開催地を視察に行ってまいりました。

カラマツ林RIMG12513.JPG

開催地の森には、まだまだ雪がたっぷりありました!

 

 

トドマツ林RIMG12543.JPG

ですが、これからの1週間で、すごい勢いで融雪が進むでしょう。

 

今年の「春の森林ウォッチング」は、4月27日(土)から5月5日(日)まで開催します。

 

その頃には、この雪が、だいぶ少なくなっていることでしょう。

 

もし雪がたくさん残っていたとすると、それはそれで、雪の上はとっても歩きやすいですので、快適な森歩きがお楽しみいただけます。

 

そして、雪の上には、いろんなものが落ちていますので、それらを観察して歩くのも、この時季の楽しみです。

ツルアジサイRIMG12514.JPG

春の雪の上には、この、ツルアジサイのドライフラワーがたくさん、落ちています。かわいいですね。

 

キクラゲRIMG12537.JPG

つる植物の茂みの周りによく落ちている、この物体。プルプルしています。さて何でしょう?

 

答えは、「キクラゲ」です!

 

スーパーマーケットで、乾燥してあるキクラゲをよく売ってますが、キクラゲは、もともと日本中どこにでも生えている、きのこの1種です。

 

木に生えている姿を見るのは、なかなかレアですが、こうして雪の上に落ちているキクラゲは、この時季、良く目にします。先日、とある森で、状態のいいのが少し採れたので、さっそくお味噌汁にしていただきましたが、まさにキクラゲ!(←そりゃそうだ) プルップルで、美味しかったです。

 

モモンガ枝RIMG12530.JPG

ハルニレの木の周りの雪の上に落ちている、この小枝。よーく見ると、不自然なところが2箇所あります。

 

わかりますか?

 

切り口がナナメにスパッと行っているところと、冬芽が無くなっているところ。この2点が揃うと、モモンガが食べた枝ということがわかります。

 

モモンガは夜行性の動物ですから、姿を見ることはナカナカできないのですが、こうした痕跡を見つけることで、モモンガがこの森にいる!ということがわかります。

 

じっくりゆっくり、観察して歩けば、森の中にはいろーーーーんなものがあります。楽しいですよ!ぜひ一緒に探して歩きましょう!

 

『春の森林ウォッチング』――――――――――――――――――――――――――――――

期間 4月27日〜5月5日

時間 早朝の部6:00-8:00 午前の部10:00-12:00 午後の部14:30-16:30
  ※早朝の部だけは前日(17:00)までにご予約下さい。

定員 各回8名様まで

料金 大人2,500円 小学生1,500円
   ※ホテルニセコアルペン宿泊者の方は部屋付け可。

ご予約・お問い合わせ 0136-22-0113

その他
・残雪が多い場合はかんじきを使用する場合がございます。
・天候不良時は催行中止となる場合がございます。
・早朝等気温が低い事が予想されますので、ウェア(上下)、グローブの着用をおすすめします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

皆様のご利用をお待ちしております!