Staff Diaryスタッフブログ

Niseko Powder History

Niseko Powder History【第1回】降りしきる雪に抱かれて

2018年01月11日

この山にスキーを伝えてくれたテオドール・エドラー・フォン・レルヒ中佐と、
この山を人生の喜びとした偉大な先人たちへ———。

<プロローグ>
降りしきる雪に抱かれて

秀麗な羊蹄山を仰ぐ倶知安町立の博物館、「倶知安風土館」の広い前庭には、高さのちがう8基のプレートが配置されています。「312センチ・1970年」、「283センチ・1958年」、「249センチ・1986年」などと数字が入ったこれらが示すのは、1955年から開館した2002年までの最深積雪量(最も高く積もった値)ベスト8。プレートそれぞれの高さが、その年の雪の深さを伝えています。

太古から今日まで、冬のこの土地は、つねに降りしきる雪とともにありました。そして雪は四季をめぐって豊かな水源を育み、森やたくさんの生き物たちの営みを支えてきました。

北に余市山地を望み、羊蹄山とニセコ山系に抱かれた盆地に位置する倶知安は、北国北海道の中でも有数の豪雪地として知られています。平均的な年間降雪量は、10メートルをゆうに超える12.5メートルほど。最深積雪はほぼ毎年2メートルを超えます。北海道でもこれだけの量の雪が降るのは限られていて、天塩山地と増毛山地、そしてこの羊蹄山麓の3地域だけ。それぞれのエリアに共通しているのは、日本海との関わりです。
冬になると日本列島には、西高東低の気圧配置によって、シベリアや中国北東部から強い寒気と北西の季節風が吹き込みます。この冷たい風は、比較的暖かい対馬暖流が北上する日本海を越えながら、大量の水蒸気と熱を含むことになるでしょう。すると下層は暖められて水蒸気が希薄となり、逆に上層は冷たく重たい状態に。こうした不安定な気団が山塊にぶつかると、それまでとは逆に重たい空気は下に、暖かい空気は上へと移動して安定を求めます。そうなると今度は暖かい空気が上昇するにしたがって冷やされ、水蒸気は気体のままで留まれずに雪となって降りはじめるのです。これがニセコ山系が豪雪にみまわれるメカニズム。

さらにひらふに限定して説明しましょう。

ニセコ山系の主峰は、倶知安町とニセコ町にまたがり、その最も東に位置するニセコアンヌプリ(1308メートル)。さらに東には、尻別川が西流する倶知安盆地をはさんで雄大な羊蹄山(1898メートル)がそびえます。そのため西からやって来る雪雲は、ニセコアンヌプリの頂上を越えて東斜面にさしかかると、それまでに水蒸気を大量の雪として落としてきたために、比較的乾いた雪を降らせることになります。また欧米の多雪地帯は標高2000メートル以上で空気も薄い厳寒地ですが、ニセコのほどよい標高には雪面をアイスバーンに固めてしまわない暖かさがあり、一方で本州方面と比べるとはるかに冷たく乾いた雪が安定して降り積もります。これが「ニセコパウダー」の秘密。北海道を代表する名山のひとつ羊蹄山の存在も、こうした独特の雪を生む気流の仕組みに深く関わっています。

ニセコアンヌプリが位置するのは、北緯42度52分。これはロンドンやパリよりかなり南で、温暖なローマやフランスのコートダジュールなどと同じ緯度となります。1300メートル級の手頃な標高に加えてこうした緯度に位置するにも関わらず、ひらふにはなぜこれほど良質な雪が大量に降り続けるのか———。その謎には、地球規模で見てとても興味深い、上のようなメカニズムが隠されてあるのでした。ここではゲレンデに限らず、平地の森にも冬のあいだじゅう雪が降り積もります。毎日のように静かに降りつづける特別な雪。それこそが、ニセコひらふを世界第一級の雪の聖地にしているのです。

 

This chronicle dedicated to General Major Theodor Edler von Lerch, who brought skiing to this mountain and to all the great pioneers who found this mountain to be the gem of their lives.

<Prologue>
Cuddled in Snow

If you’ve ever visited Kutchan Museum of Natural History, you probably noticed the 8 metal plates of different height placed in it’s front garden along with spectacular views of Mt.Yotei. “312cm, 1970”   “283cm, 1958”  “249cm, 1989.” These numbers written on the plates show the top 8 maximum snow depth recorded in town since the Museum’s opening in 1955.

Since ages before the first pioneers settled in this land to this day today, this area always had snow in it’s surroundings in Winter. Snow, changed form to rich water after Winter and became source of life to trees and wildlife.

Yoichi mountain range to the North. Mt.Yotei in the East and Niseko Annupuri mountains to the West. Surrounded by these mountains, Kutchan ranks in the top tier of snowfall within this northern island of Hokkaido, with an average yearly snowfall of 12.5 meters. Snow depth would constantly be deeper than 2 meters. Only three areas within Hokkaido scores this amount of snowfall and in those three areas, common factor that brings massive snow is, the Sea of Japan.

In Winter, Japan is often at a “West-high, East-low” atmospheric pressure condition. With this pressure allocation, cold air from the Siberia and strong wind from the North West would strike Japan. When this strip of cold air makes its way through the Sea of Japan, it packs in a lot of humidity and heat, making the lower area of the air strip scarce of humid, and the upper area cold and heavy with humidity. When this somewhat ‘top-heavy’ unstable pack of air hits a mountain range, it tries to keep balance by dropping the cold heavy weight down low. As a result, the ‘weight’ is dropped to land as a form of snow.

Let’s explain this in a bit more area specific way.

The Niseko mountains stretch across Kutchan town, and Niseko town. At the Eastern end of the stretch is Mt.Niseko Annupuri (1308 meters), the Kutchan basin, and the majestic Mt. Yotei (1898 meters). The unstable pack of air traveling from the West has dropped most of the heavy wet snow by the time it hits these mountains, and instead drop light dry snow to the Eastern faces of these mountains. In many ski resorts around the globe, 2000 meters plus altitude is often seen to be blessed with this kind of dry snow. The Niseko mountains are at that perfect altitude and coldness that the snow wouldn’t either become a frozen layer of ice or would it not melt away. Mt. Yotei is not only a beautiful trophy landscape but also play a important role in the “secrets behind the Niseko powder.”

The Niseko Annupuri mountain is located at 42.52 degrees North latitude. This is about the same latitude as the warm city of Rome or the tropical resort of Cote d’Azur and very low South compared to cities like London or Paris. Why does so much good quality snow fall on a land that is only at 42.52 degrees latitude and on mountain that’s only 1300 meters high? The brief answer to this question is mentioned in the previous paragraph. Globe-wide coincidence of natural effects bring plenty of snow not only to the mountains but also the farmlands and forests. Day after day of quiet snowfall makes up Niseko Hirafu as the playground of snow gods.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)