Staff Diaryスタッフブログ

Niseko Powder History

Niseko Powder History【第3回】

2018年01月12日

1961(昭和36)年。

それはどんな年だったのか、少し振り返ってみましょう。

太平洋戦争の敗戦から復興を遂げた日本の経済は、岩戸景気と呼ばれた好況の終盤にあり、その後なお10年ほども順調な成長サイクルは続きます。この国の経済は高度成長への上昇気流に乗っていました。

海外に目を向ければ、1月のアメリカでは、民主党のジョン・F・ケネディが43歳で大統領に就任。春にはソ連(当時)が人類初の有人衛星ヴォストーク1号を打ち上げ、ガガーリン飛行士が大気圏外での地球一周に成功していました。8月、東ドイツ(当時)が東西ベルリンの境界を一方的に封鎖、のちのベルリンの壁となります。

スポーツ・文化の世界では大相撲で柏戸と大鵬が同時に横綱昇進。札幌では札幌交響楽団が北海道初のプロ・オーケストラとして誕生しています。本州企業の北海道進出が相次いだため、北海道拓殖銀行本店や日本銀行札幌支店、HBC三条ビルなど多くのビルディングが建設され、道都はビルラッシュの様相を呈していました。また北海道庁に観光課が発足したのもこの年で、春には函館空港が、夏には釧路空港が開港しました(帯広空港は1964年、旭川空港は66年開港)。

ひらふスキー場にリフトが開業した12月。豪雪と闘い続けてきた倶知安駅の構内に、硫黄川の水を引いた大規模な流雪溝が完成。また北海道と本州を海底下で結ぶ青函トンネルの調査杭工事がスタートしています。夢の大プロジェクトがいよいよ実現に向けて動き出したのです。北海道の知床が国立公園への答申されたのもこの12月で、毛色の代わったニュースとしては、文豪夏目漱石が青年時代から22年間にもわたって、後志支庁の日本海に面した古い港町、岩内に戸籍を移していたことが知られて話題になったのも、このころでした。取り持ったのは、三井物産のイワオヌプリ硫黄鉱山に出入りしていた御用商人で、この鉱山のことはのちにまたふれることになるでしょう。漱石の移籍は、開拓時代の北海道は徴兵免除地だったことから取られた措置でした。

1961年秋の国鉄ダイヤ改正では、函館・旭川間に最高速度100キロを超える初のディーゼル特急「おおぞら」が運行を開始しました。しかしこれはカーブや勾配のきつい、倶知安が位置する山線(長万部・小樽間)を避け、室蘭本線を通る列車でした。62年度の北海道開発予算は、61年度に比べて18%の伸びを記録しています。

こうして振り返ってみると、世界は戦後の復興から新たな成長や政治体制の枠組みに入り、科学や宇宙時代に向けて急速な進歩を遂げていました。日本でも伸び盛りの経済の勢いを受けて、社会インフラや文化、スポーツが大きなターニングポイントを迎えていたことがわかります。

 
The year 1961.

Let’s take a quick glance at what took place in that year.

More than a decade has passed since the end of the Asia-Pacific War and Japan at that time was on the rise. Stable growth in economy and people were full of energy.

Looking at other countries around the world, in January, John F. Kennedy became President at the age of 43, Soviet Union succeeded in launch of ‘Vostok 1’ piloted by Yuri Gagarin, who became the first human to fly around Earth in space. In August, East Germany closed it’s borders between West Germany, and later created the Wall of Berlin.

In the field of sports and culture, two great sumo wrestlers became ‘Yokozuna’ and Hokkaido’s first professional orchestra formed in Sapporo. Various Tokyo based corporations began its’ expansion to Hokkaido and the city of Sapporo was at a construction rush. Hokkaido Government created their ‘Tourism Department’ this year and two new airports (Hakodate and Kushiro) opened to welcome more guests to this Northern island.

In December, Kutchan train station built new snow-melting structure to win it’s battle against snow. Japanese Government began survey works on the undersea train tunnel to connect mainland Japan and Hokkaido via train rails. Shiretoko Area, now known for it’s wildlife was announced a National Park this year and Japan’s famous writer, Soseki Natsume moved his legal address to Iwanai to avoid conscription.

Looking back at 1961, it was an year when strong energy fulfilled the air. Many countries were taking the next step from post-war recovery and various new developments in the field of science, infrastructure, economy, sports, and culture bloomed.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)