Staff Diaryスタッフブログ

Niseko Powder History

Niseko Powder History【第2回】

2018年01月11日

<第1章> リフト誕生

その日、1961年12月17日

それは、倶知安町が開基70年の節目を迎えて昭和36年。12月4週目の日曜日でした。

ニセコアンヌプリ(1308メートル)東斜面、ニセコ高原比羅夫スキー場(現ニセコグラン・ヒラフ)に2本のリフトが開業しました。現在のキング第1ペアA・B線と、キング第2クワッドの前身にあたるもので、コースの幅は今日よりかなり狭いものの、白銀に映える26本の真っ赤な鉄柱がつづくふたつの合計は、1070メートル。それまで1時間半も登らなければならなかった地点(標高510メートル、フリコの沢情報100メートル)までわずか11分で行ける、日本有数の画期的リフトの誕生でした。事業主は、大手海運企業日東商船㈱の子会社であるニセコ高原観光株式会社。開業の時点でこのスキー場の名称は、「ニセコひらふスキー場」という表記となりました。ひらふのリフトの歴史は、ここからはじまります。

日本のスキーリフトはまず戦後まもなく、札幌の藻岩山や志賀高原丸池(長野県)などに進駐軍専用として設置されました。やがて草津温泉スキー場(群馬県)や野沢温泉スキー場(長野県)に民間のリフトが作られていきます。白馬八方尾根スキー場(長野県)にロープウェイが開業したのは1958(昭和33)年。1961年のシーズンには、新潟県に苗場国際スキー場が誕生しています。北海道には、札幌の荒井山や藻岩山、小樽の天狗山などにすでに中小規模のリフトがありました。しかしひらふに誕生したこのロングリフトが、北海道での本格的なスキー場の扉を大きく開けることになります。

当日のひらふは久し振りの快晴。前年に引き続き、札幌からこの日に初運行した臨時の準急スキー列車「ニセコ号」(ディーゼルカー2両)や、胆振線がリフト誕生を待ちかねたスキーヤーを運び、比羅夫駅からスキー場へは、スキー場が用意した国鉄バス、ニセコバス、銀嶺バス3社の計9台のバスが、招待客や一般客をピストン輸送しました。北海道副知事やスキー連盟関係者と共に、ニセコ高原観光㈱の竹中治社長がテープカット。くす玉が割れ、ニセコスキー連盟のスキーヤーらがつぎつぎにリフト上がるや、美しいシュプールを描きはじめました。盛大な花火が興を添えます。

開業と同時にリフトステーションから少し離れて、食堂や売店、スキー置き場を備えたレストハウス、ニセコヒュッテもオープンしました。

 

The First Lifts

December 17, 1961    DAY 1

The year was 1961, 70th year since the first pioneers settled into Kutchan town. On the 4th Friday in December became the memorable Day 1 of the ski resort currently known as “Niseko Grand Hirafu.” Two brand new lift lines, nested over 26 bright red lift stems carried guests up to 510m point. What used to be a 1.5 hour hike up was now just a 11 minute lift ride. The two lifts were operated by Niseko Kogen Kanko Corporation and the ski resort was named “Niseko Hirafu Ski Resort.” The half-century relationship of Hirafu and the ski lifts began this day.

Goddess of weather blessed Day 1 with bright sunshine and blue sky. Special express train “Niseko Express” brought hundreds of guests to Hirafu train station from the Sapporo area. Total of 9 buses from 3 different bus companies gathered to carry guests from Hirafu train station to the ski lifts. Vice Mayor of Hokkaido, Representatives of Ski Federation, and Mr. Osamu Takenaka, the Managing Director of the Ski Resort announced the opening at the ceremony, and first skiers were celebrated with an adorable fireworks show.

Along with the opening of the ski lifts, a new facility with a restaurant and retail shop, the “Niseko Hutte” opened at the base of the lift station providing a place to rest for the visitors.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)