大越 龍之介 Ryunosuke Ohkoshi

北海道倶知安町出身。株式会社東急リゾートサービス所属。
幼少の頃、出身地(ニセコグラン・ヒラフ)にて開催されていたスキーモーグルの大会を観戦しに行きメダリストらの華麗な滑りに衝撃を受け、スキー選手を目指すようになる。小学校低学年の頃まではモーグル選手に憧れていたが、小学3年生の時に近所の友人の誘いでアルペン競技のスキークラブ「ニセコ花園レーシング」に入り、人と速さを競う面白さを知り競技に打ち込み始める。
中学2年生の時、全国中学スキー大会で優勝をしたのを皮切りに、その後、数々の大会で優勝・入賞を果たす。高校1年生のシーズンからは、全日本アルペンナショナルチームのジュニア指定選手となり、舞台を国際大会へと移す。高校時代には全国高校大会(インターハイ)で2年連続2冠の合計4勝を達成し、前人未到の記録を残す。
大学生からはナショナルチームのシニア指定になり、幼少の頃に憧れた世界の舞台(世界選手権・ワールドカップ)へ出場を果たし、21歳の時に出場した世界選手権で28位の成績を収める。以降ヨーロッパでの活動を中心に、世界の壁を打ち崩し頂点に立つと共に、それに相応しいアスリートを目指し奮闘中。

大越龍之介オフィシャルウェブサイト
http://www.ohkoshiryunosuke.com/

Page Top

佐々木 玄 Gen Sasaki

北海道ニセコ町出身。
ニセコグラン・ヒラフをホームに世界の舞台で活躍するフリスキーヤー。
兄の影響でフリースタイルスキーを始め、兄や友人達とニセコの様々な山を滑走しスキー技術を磨く。中学生時代から本格的にフリースタイルスキーにのめり込み、ジャンプ台やJIBアイテムの多くあるパークでのトレーニングを開始。
高校2年生の時に国内のフリースタイルスキーの有名選手が集う白川塾から誘いを受け、白川塾でフリースタイルスキーの技術を再度基礎から学び始める。翌年には国内での大会成績が認められジュニアナショナルチームに選抜され、世界ジュニア選手権に出場。
現在では日本一を決めるような大会でも優勝するまでに成長し、ワールドカップにも出場。

ニセコの大自然で身につけたスキースキルと、楽しむ事と感謝の気持ちを持って物事に取り組むことをモットーに、世界で活躍するトップ選手を目指し活動中。

佐々木玄オフィシャルウェブサイト
http://gensasaki.com/

Page Top

渡辺 洋一 Yoichi Watanabe

ニセコの写真家といえば、まず思い浮かべるのがこの人、渡辺洋一氏。
スキー写真においては日本を代表する写真家の一人。
自身もスキーヤーであり、ニセコを拠点に世界中の雪山を旅し数々の写真作品を発表。
また自身の写真集も発表され、その中にはアラスカ、カナダ、ヨーロッパ などの美しい世界の雪山とスキーヤー達を魅了する斜面の
数々が掲載されている。
特に写真集「雪山を滑る人」「stuben magazine」は、雪山を愛する全ての人に是非一度ご覧いただきたい。
http://www.j-n.co.jp/ski/YW_pb.html
http://stuben.upas.jp/

活動の拠点であるニセコのスキーやスノーボード、そして風景写真などを国内外に発信。
撮影題材はアウトドアスポーツを主におきつつも、雪国の風土や暮らしを撮り続け、現在のニセコエリアの国際的発展に大きく貢献。
写真家である前にスキーヤーである事を大切にしており、その魅力的な人柄には常に多くの人が集う。
そしてその活動はスキー写真にとどまらず、アーティストとして自身の写真展も数多く開催している。
他にも様々な分野で活躍中。

渡辺洋一オフィシャルウェブサイト
http://yoichiwatanabe.jp/

写真は小橋城氏による撮影。
スキーを中心に各スポーツなどを撮影しており、雑誌・広告などでも活躍中。
http://joe-jk.com/index.html

Page Top

永田 貴徳 Takanori Nagata

JSBA全日本スノーボードクロスの数々の大会で活躍し、2007年にはプロ資格取得。
数々のメディアへに登場しつつライダーやガイドなどとして多方面で活動中。
スピード感溢れる彼のライディングからはパウダーの舞い上がる音が静かに、しかし力強く響く。
毎シーズン3月下旬に開催されるニセコプレジャーキャンプを主催するPLEASURE ASSOCIATESは彼が代表を務める。
彼の親しみやすい人柄には多くの仲間が集まり、豪華コーチ陣を揃えるプレジャーキャンプは、キッズから大人まで幅広い層が参加する。

永田貴徳オフィシャルブログ
http://nagata-saimon.jugem.jp

ニセコプレジャーキャンプ オフィシャルウェブサイト
http://nisekopleasurecamp.jimdo.com

Page Top

辰己 博実 Hiromi Tatsumi

2008年にスノーボードの事故で下半身不随になり車イス生活に。
しかし前向きな思いからカヤックやチェアスキーに挑戦。その後、GENTEMSTICK のサポート受けチェアスノーボーダーへ。
夏にはパラカヌーの選手やラフティングガイドとして精力的に活動を続けています。

辰己氏が代表のYoutei Outdoor オフィシャルウェブサイト
http://youteioutdoor.com

辰己 博実 オフィシャルウェブサイト
http://hiromitatsumi.com

特徴的な形状のスノーボードはGENTEMSTICK。
スノーボーダーにとってはあまりにも有名でしょうか。
そして両手に持つのは前後左右のバランスを取るために使われるアウトリガーと呼ばれるものです。

GENTEMSTICK
http://gentemstick.com/

Page Top

中田 奨 Tsutomu Nakata

北海道千歳市出身。
北海道をベースに、スノーボード&スキーを被写体にする写真家として活動。
10代後半はパークディガーとしてニセコに通い、その後はプロショップに勤務。ショップで働き続けることも考えたが、やはり山にいたかった。ショップでのデスクワークや店頭に立つ時間が1日の大半を占めていると気付いた時、フォトグラファーとして生きる道を決意した。27歳だった。
フォログラファーとして活動する今は、自分で見た事、感じた事を写真で伝えたいと思い、足は自然と山へと向かう。
現在は北海道をベースに世界中へと活動範囲を広げている。
「北海道」をテーマにしたフリーマガジンROOM SNOWBOARD MAGAZINEを2014年に立ち上げ、また、写真作品は日本や北米のスノーボード専門誌の数々で表紙にも採用されるなど、精力的に活動している。

Page Top

勝野 天欄 Tenra Katsuno

北海道ニセコ町出身。
幼い頃からニセコグラン・ヒラフをホームにスキーを学び、Freeride World Tourの出場、そして表彰台を狙うフリースタイルスキーヤー。
ニセコグラン・ヒラフのスキースクール、モーグル、スロープスタイルなど、様々なスキーを通じて培った技術を活かし、現在はフリーライドをメインに活動している。
17歳の時には持ち前の行動力を発揮し単身でニュージーランドへ渡り、フリーライドの大会へ出場。その際に実力が認められ、ヨーロッパで開催される更に高いレベルの大会、Freeride Junior World Championship 2018 へと招待される。FJWC2018ではMVP賞を獲得するなど、実力をしっかりと世界中にアピール。
2018年は自身2回目となるニュージーランド遠征を行い、出場した全ての大会で表彰台へと上り、昨シーズンに続きヨーロッパで開催される Freeride Junior World Championship 2019の招待権を獲得した。

Page Top

南谷 孝太郎 Koutaro Minamiya

北海道室蘭市出身。
リーダーとしてニセコを拠点とするスノーボードクルー“in crew”を率い、また倶知安町内でスノーボード・スケートボードショップ「LOWSTAR」を営む。
スノーシーズン中は、月1本ペースでWebムービーを制作・配信。春季には自らの主催イベント「MAD DOG JAM」をニセコグラン・ヒラフにて開催。また次世代ジュニアの育成にも精力的に取り組む。

Page Top

浜 和加奈 Wakana Hama

北海道苫小牧市出身。
スノーボードを始めたのは2004年。国内では北海道ニセコ、海外ではカナダのウィスラーに拠点を大き、オールラウンドに対応できる技術を磨く。
スノーボードクロスで世界を目指しトレーニングに励むも、なかなか世界には届かない状態が続きながらも、自身の技術向上のみならず指導する立場にも携わる。
2018年、新たなフィールとして挑戦したフリーライド競技へ挑戦。「Freeride Qualifier Hakuba(予選)」にて優勝し、本戦への参戦権を獲得。本戦初出場ながらも日本人史上初となる優勝を飾る。
以降、Freeride World Tourへの参戦をメインに活動中。

Page Top

ヤマセミ君&カワセミ君 Yamasemi-kun & Kawasemi-kun

ニセコグラン・ヒラフの兄弟 ヤマセミ君&カワセミ君

[キャラクター名]
白黒が「ヤマセミ君」青色が「カワセミ君」

[姿の由来]
当時在籍していた職員が釣り好きで周辺で釣りをしている時に偶然見た事があり、姿の愛らしさと滅多に見られない貴重さで
ヤマセミをメインキャラクターとして採用。(ニセコひらふ国際スキー場時代)
その後、名称がグラン・ヒラフに変わった時に、旅に出ていた「カワセミ君」がニセコにもどり、グラン・ヒラフのキャラクター
として兄弟で現在活躍中!

[好きな物]
パウダースノー、じゃがいも、とうもろこし、鮭

[苦手な物]
暑い所(夏には現れない)、カリカリのゲレンデ、熊

[趣味]
英会話、ヤマセミがスキー、カワセミがボード、
冬以外はこっそり釣りに行ってるらしい。

[サイズ]
ヤマセミ180cm、カワセミ170cm 吹雪くと小さくなります。

Page Top