美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Niseko Powder History【第14回】レルヒ中佐、ひらふへ

| カテゴリ: Niseko Powder History

レルヒ中佐、ひらふへ

IMG_5682

ここでいよいよ、日本に最初に近代スキーを伝えたひとりとされる人物、オーストリアのレルヒ中佐が登場します。レルヒとひらふの関わりについては、これまで倶知安史で語られてきたことに加えて、現在のレルヒ研究の第一人者で日本スキー史研究所所長中浦皓至(こうじ)さんの著作『日本スキー・もうひとつの源流』(北海道大学図書刊行会)や関係論文、ご本人へのインタビューから構成しましょう。

 

テオドール・エドラー・フォン・レルヒ(Theodor Edler von Lerch・1869-1945)は、オーストリア=ハンガリー帝国(当時)の軍人で、アルペンスキーの開祖とされるマチアス・ツダルスキー(Mathias Zdarsky)の直弟子。卓抜したスキー技術の持ち主でした。レルヒの来日前、日本人にとって欧米人が使うスキーは、未知の道具でありスポーツでした。

レルヒは、欧米の大方の予想をくつがえして日露戦争でロシア帝国に勝利した日本軍を研究するために、1910(明治43)年11月末に交換将校として来日します。陸軍では、その8年ほど前(1902年1月)に八甲田山の雪中行軍で大規模な遭難事故をおこしていたこともあり、彼のスキー技術に着目していました。厳冬期の雪中でも、スキーの技術があれば行軍や戦闘ができるからです。

レルヒはまず、雪深い新潟県高田(現・上越市)の第十三師団歩兵第五十八連隊に赴任します。1911(明治44)年1月のこと。さっそく東京の砲兵工廠に作らせたスキーによって、将校や県内の中学教師らを対象に、金谷山でスキー講習が行われました。将校にはおよそ2ヶ月の特訓、教師らには5日間のレッスンです。

彼のスキー(板・靴・金具)は当時祖国で主流だった1本杖スキーで、ツダルスキーがオーストリアのリリエンフェルトというまちで完成させたのでリリエンフェルト式スキーとも呼ばれます。2メートルほどの杖の先には金物の石突きがついていました。リングはありません。スキー板は単板で、金具は、かかとが上がる鉄板のタイプ。現在のスキーとはかなり異なります。もうひとつの主流であるノルウェー式スキーは平地や森林での滑走にはすぐれていましたが、金具が急斜面向きではありません。それに対してツダルスキーのスキーは、山岳でも操作がしやすい特長がありました。

レルヒは秋以降に中佐に昇進。年が明けて1912年2月には、第七師団野砲第七連隊付きとなり、いよいよ北海道の旭川へ赴任します。

当時の北海道はどんなところだったでしょう。

レルヒ来日の1910年。王子製紙苫小牧工場が創業を迎え、札幌でははじめてのビアホールや常設映画館がオープンしていました。人口は全道合わせて170万人台で、日本海沿岸ではニシン漁が史上最盛期を迎えています。札幌の大通逍遥地(現・大通公園)が整備され、火災ののちに復旧工事が進んでいた道庁赤れんが庁舎が、今日に残る形でお目見えしたのもこの年でした。

 

レルヒは旭川に7ヶ月ほど滞在します。彼から話題のスキー技術を学ぼうと、まち北部の近文台(現・春光台)で3週間あまり講習が行われました。生徒は、道内の連隊から来た20人の将校と6人の民間人。将校たちは、学んだ技術を自分の部隊に伝えることが義務づけられていました。第七師団には4つの歩兵連隊があり、そのうち二十五連隊は札幌の月寒にありました。この月寒からの参加者もあり、また民間人とは、小樽新聞上川支局の奥寺甚吉ら記者2名と4人の郵便局員でした。スキーは、前任地の高田ですでに国内製作がはじまっていたので、師団が高田に注文していました。

講習・訓練の内容は、スキーの携行や着脱にはじまり、「直立行進」「登行」「滑降」「方向転換」「制動滑降」「転倒・起立」「遽止(きょし)」「難路通過」「軍需品運搬」など、基礎から応用までを総合的にマスターしようというもの。応用の中には、「テレマーク」や「クリスチャニア」といったノルウェイ由来の技術が含まれていたことも注目されます。スキーは当時から、山岳を滑るオーストリア式(アルペンスキー)と、平原や丘陵を滑ったりジャンプを行うノルウェイ式(ノルディックスキー)に大別されましたが、レルヒはスキーの歴史やそうした背景などについても広く講義を行ったのでした。

札幌の月寒第二十五連隊から参加したのは、三瓶(さんべ)勝美中尉、松倉儀助中尉、中澤治平少尉ら。旭川からもどった1912(明治45)年3月、彼らはレルヒ直伝のスキー術を連隊に伝えるべく、月寒練兵場などで講習会を開きます。スキーを持っていれば民間人も参加できたので、東北帝国大学農科大学(1918年から北海道大学。以下便宜上「北海道大学」あるいは「北大」)の学生や中学教師、一般の人々も参加しました。これが、札幌における本格的なスキー史の源流のひとつです。全国初の学生スキー部となった北大文武会スキー部の源流のひとつです。全国初の学生スキー部となった北大文武会スキー部の歩みも、ここからはじまりました。

 

Lerch’s first days in Hirafu

 

Now, let’s shine the spotlight at one of the first persons who brought skiing to Japan, Theodor Edler von Lerch, a military man from Austria. There already is many studies done and books published about history of skiing in Japan and Mr.Lerch. The contents of the following pages consists of these previous studies and from interviews to Mr.Koji Nakaura, the Director of Japan Ski History Research Institute.

 

Theodor Edler von Lerch (1869-1945) was a military man of the Austria=Hungary Empire and apprentice to Mathias Zdarsky, the founder of modern of alpine skiing. Back in those days, skiing performed in Europe was unknown in Japan, the sport itself was unknown and all equipment used was a complete mystery.

 

Mr.Lerch, commonly known as General Lerch in Japan, first set his foot in the country in November of 1910 to study the Japanese military after the unexpected victory over the Russian Empire. The Japanese military had a tragic accident during Winter mountaineering training which led to death of 8 men, had their eyes wide open to Mr.Lerch’s skiing skills. With appropriate skiing skills and equipment, Winter military operations could be performed with lower risk.

 

His first group of skiing students in Japan was a fleet stationed in the snowy mountains in Niigata prefecture. In January 1911, he performed skiing training to military officers and school teachers. To the military officers, a 2-month long intensive training, and to the school teachers, it was a 5-day lesson.

 

Ski equipment he used was a single stock ski known as Lilienfeld method, name taken from the city in Austria where Mathias Zdarsky built-up the method. No powder guard was on the stock, and at the end of the 2m long stock was a metal ferrule. Very unlike the modern ski we know, the bindings were made of steel and heels were free. Another trend in skiing in those days was the so called Norway method, which had an advantage in flat and/or tree areas but was not capable of steep hills. While the Zdarsky skis were able to take on various terrains.

 

Lerch’s efforts quickly promoted him to General Major and was assigned to Asahikawa based fleet in February 1912.

 

What did Hokkaido look like in those days? Population of the island was around 1.7 million, first movie theater and beer hall opened up in Sapporo. Herring was the leading the fishing industry, and the red-brick Hokkaido Governmental Office was built at around this time.

 

 

Lerch’s stay in Asashikawa lasted for 7 months. During his stay there, 20 Military Generals and 6 civilians took part in a 3-week ski training. The generals were ordered to learn and take back anything and everything to their own fleet and the 6 civilians were newspaper editors and postmen!

 

Content of the training was not only actual skiing techniques but also went deep to the history of skiing and the difference between Nordic and Alpine skiing. In-class lectures and actual outdoor training, General Lerch made sure the participants learn all that there is about skiing.

 

Of the 20 Generals that took part in the training were 3 men from the Sapporo fleet. After completing the training, in March 1912, the 3 generals held a ski lesson open to the public. Anyone, including civilians were able to join the lesson, as long as they had their own skis, and thus the lesson attracted many Sapporo citizens. This was an epic event in Hokkaido skiing history, and those students that joined the lesson, created Japan’s first University skiing club, the Hokkaido University Ski Club.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

Niseko Powder History【第13回】「ひらふ」のいわれ

| カテゴリ: Niseko Powder History

「ひらふ」のいわれ

1987_poster
※画像は1987年のポスター

 

「グラン・ヒラフ」にも生かされている「ひらふ」という地名について、前項を少し詳しく続けましょう。ひらふの語源には、阿倍比羅夫説のほか、アイヌ語のビラ(崖)に由来するという説など、複数の見解があります。しかし支庁誘致の決定だともなった日本書紀の一節が、やはりよく知られるところ。

日本書紀の斉明天皇のくだりには、阿倍比羅夫が、7世紀半ばに大船団を率いて北海道に3度ほど遠征し、異族と戦い、太古からの在地集団と公益を行ったとあります。今日、異族とはサハリンや北海道北部、南千島に暮していた北方のオホーツク人、在地の人々とは、縄文時代より北海道に暮していた続縄文人と考えられていますが、このとき阿倍は、寿都湾から上陸して後方羊蹄(しりべし)に郡領(律令制度における地方官)を任命して帰ったとされます。その場所が実際にどこなのか。遺跡も見つからず、その後の文献にもあらわれないので、よくわかっていません。北海道ではなく津軽ではないか、という異説もあるようです。

しかしいずれにしても、「ひらふ」という地名はこの伝説がもとになっているとされ、さらにグラン・ヒラフと向き合う羊蹄山の旧名である後方羊蹄山(しりべしやま)も、この日本書紀の一節から取られたと考えるのが自然なようです。後志とは、「シリ・ベッ」(山の川)というアイヌ語が語源です。この山とは、羊蹄山でしょう。

 

Origin of “Hirafu”

 

“Niseko Grand Hirafu” is the center resort of the Niseko area. Where did the name “Hirafu” come from? As we saw in the previous chapter, the area where Hirafu is located is called Yamada, name taken from the great pioneer of the area. Various stories behind the root of the name “Hirafu” but the one with most certainty is that it was taken from an episode written in “Nihon Shoki” which is the oldest written chronicle in Japan.

On volume 26 of the Chronicle, it reads that a group lead by a man named “Abe-no-Hirafu” made their way to Hokkaido a number of times in the 7th century. During his expedition, his team fought pirates, made their way to Hokkaido and made trade with the locals (Ainu people). It is also said that Abe-no-Hirafu assigned a general to manage the “Mt. Shiribeshi” area, but there has been no actual evidence of this.

This story from Japan’s oldest chronicle seems to be where “Hirafu” was named after. Mt.Shiribeshi, which is the former name of Mt.Yotei also takes it’s name from the Chronicle. In the Chronicle, it reads that “Shiri-Bet” is an Ainu word meaning “Mountain River” and it is believed that this is referring to Mt.Yotei.

 

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

Today’s Mt.Yotei & Grand HIRAFU & Pisten Bully

| カテゴリ: 写真, 雑談(独り言)

gh180227

gh180227_2

gh180227_3

Feb. 27, 2018

今日も良い日なりそうです!

良い1日を!!

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.