美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Procession

| カテゴリ: 写真, 雑談(独り言)

Mar.28.2018

スプリングパーク造成の為の行進。
ヒラフでは、この時期恒例です!
ただ危ないので近づかないで下さいね。

尚、スプリングパークは4月1日オープンを予定しております。

pb pb_2

Niseko Powder History【第15回】レルヒ中佐、羊蹄山へ

| カテゴリ: Niseko Powder History

Yotei

1912(明治45)年4月15日。

明治最後のこの年、レルヒに率いられた旭川の第七師団野砲第七連隊の6名とレルヒお付 きのボーイが、羊蹄山へスキーで登るために朝8時15分、旭川駅を出発しました。しかしなぜ羊蹄山だったのでしょう。たしかに旭川でのスキー講習プログラ ムには、山地滑降がありました。けれども旭川には大雪連峰があります。

推測される理由のひとつは、まちから山への距離です。鉄道駅から山 頂までの距離を考えると、比羅夫駅から羊蹄山の方がはるかに近くなります。そしてもうひとつ。レルヒは高田(新潟県)に赴任中の前年4月、同郷のクラッツ アーと富士山へのスキー登山に挑んでいます。古来日本人の精神にも影響を与えてきた美しい最高峰にスキーで分け入ってみたい。レルヒはそう願っていまし た。しかしこのときは、悪条件にはばまれて9合目で断念せざるをえませんでした。彼は北海道でのスキー訓練の仕上げに、その山容から蝦夷富士とも呼ばれ、 しかも鉄道によるアプローチに恵まれていた羊蹄山をめざしたのではないでしょうか。また登山会が組織され、しっかりとした受け入れの体制があったことも重 要でした。

倶知安で一行を迎えるのは在郷軍人分会(現役を離れた予備役軍人の会)と、先述の蝦夷富士登山会です。軍人分会では歓迎とス キーの見学のために、会員たちに招集をかけました。登山会ではレルヒ一行が来る連絡が入るや、幹事の高山万次郎らがルートを途中まで下見し、登山事務所に 燃料を運び込むなど準備をしています。

レルヒたちは、随行取材をする、上川支局から本社に移動していた小樽新聞の奥谷甚 吉記者と小樽駅で合流しますが、妹背牛(もせうし)と美唄(びばい)のあいだで機関車に故障が起こり、すでに予定より3時間半も遅れてしまっていました。 ようやく倶知安駅に着いたのは夜の9時半すぎ。待ちかねた百人以上の有志の出迎えを受けながら、駅前の旭旅館(のちに加賀屋旅館、安藤旅館、現・安藤食 堂)に投宿します。

翌16日、スキー隊は4時に起床。装備や携帯食料(前夜についた砂糖餅)などの準備を整えていたところなんと急な雨が 降り出し、出発は中止となってしまいます。休憩のあと中佐が、「アルプスの危険について」というテーマで、スキー登山の危険や準備について講話を行いまし た。

午後は雨も小降りの雪に変わったため、小黒の山(小黒という農家あった現・旭ヶ丘スキー場付近)でスキーのデモンストレーション。こ れを後志支庁や村役場の職員、小学校の児童や教員など、多くの村民が見守りました。それまでカンジキやツマゴでしか歩けなかった場所でレルヒらが見せる直 滑降、斜滑降などにみな目を見張り喝采をおくりました。入植以来、日常の難儀の種でしかなかった雪を相手に、斜面を舞うように滑り降りる彼らの姿に、人々 はまったく別の世界を垣間見たにちがいありません。夕方には晴れ間も出て、羊蹄山のピークが見えるほど天候は回復しました。

 

レルヒは羊蹄山山頂を極めたか

1912(明治45)年4月17日。レルヒら一行は朝6時に旭旅館を出発しました。西風が強く、夜半に降った雪が少し積もっています。第4小学校(現・比 羅夫小学校)の前を通って蝦夷富士登山会の事務所へ。休憩をとると、スキーにロウを塗って記念撮影。8時半すぎにいよいよ山頂めざして出発です。あいにく 天候は回復せず、強風にはみぞれが混じっていました。中腹からは上の雲の中です。

一行は一列縦隊で、緩斜面をジグザグに登っていきます。 10時には順調に3合目(標高550メートル)に到着。しかし4合目からは雪が堅く斜面もきつくなり、スキーを脱いで引きずっていくことになりました。 11時には森林限界が近くなる5合目半に着きましたが、そこから先はさらに急斜面となったために、これ以上のスキーは無理と判断。各自スキーを置いて杖1 本で上ることにしました。

春先ならではの堅い雪に杖を差しながら、強風の中、谷へ滑落する危険をおかして一歩一歩進みます。奥谷記者が後 日小樽新聞に7回にわたって連載した記事によると、この時点でレルヒ一行の技術と装備、体力を考え合わせ、「モウ駄目あります」と繰り返し声を上げまし た。しかし男たちは日本男児たるものこれしきのことで、とあきらめなかったといいます。軍人だけあって、武士道精神を外国人に示す絶好の機会だと考えたの でしょう。ようやく6合目に登ったときには正午になっていました。

7合目から上はさらに絶壁のような斜面が立ちはだかり、目を開けていら れないほどの吹雪が襲いかかります。気温は下がり手足の感覚も失せるなか全員が前屈みになり、死にものぐるいで9合目に到着。そこから一直線に頂上をめざ しましたが、ピーク手前にある噴火口群も、頂上のある大噴火口もまったく見えません。そうしてついに平坦な場所に出ると、羊蹄登山の経験を持つ奥谷記者が 「頂上だ!」と声を上げました。ついに目標達成かと感極まり、暴風の中で万歳を叫ぶ者もいました。温度計を見ると氷点下15度。この天候では長居は無用で す。メンバーたちにレルヒは、ただちに下山せよと命じました。

帰路もまた困難を極めた行進がつづきます。

装備の劣った日本人たちは手足や鼻に凍傷をおい、急斜面で四つん這いに後ろ向きになって何度も転落を繰り返しながら、命からがら麓をめざしました。レルヒはといえば、底に金具を打ち付けたオーストリア製のスキー靴のために転落することはありません。

スキーをデポした5合目半の地点からは、ようやくふたたびスキーを履きました。そこから下は幸い天候が回復して、日が差していました。しかし疲労困憊のス キー初心者に扱える斜面ではなく、足に力の入らない一行は、転んでは止まり、必死に方向転換をしながら制動滑降を繰り返します。その中でややましな滑りを したのが、月寒の中澤少尉でした。一方レルヒは、無様な日本人たちを尻目にスイスイと滑り降りてしまいました。疲れきった一行が登山会事務所に到着したの は午後5時40分。しばし暖まり休憩したあと、星明かりの下を市街に向かいます。尻別河畔では、まちの有志たちがテントを張って、盛大な慰労会を開きまし た。これが、史上初の羊蹄山スキー登山です。

 

レルヒは本当に羊蹄山の山頂に立ったのか———。

これは大 正、昭和とさまざまな人たちの議論の的となりました。日本スキー史研究所の中浦皓至さんは、当日の天気図や行程の詳細、山行メンバーのその後の発言などを 丹念に掘り起こしながら。これまでの全ての説を精査した結果、9合目の少し上までは行っただろうと考えています。ではやはり、ピークには経っていないとい う説に落ち着くのでしょうか。

中浦さんは、「必ずしもそうではない」と言います。

「近代アルピニズムの厳密なものさしを当 てれば、ピーク登頂には至っていないでしょう。しかしそもそも合目とは登山の難易度によって決められた目安であり、かつては9合目を超えれば頂上まで行っ たとする見方もありました。レルヒは羊蹄山に登った。そういう考え方があってもおかしくありません」

幕末の蝦夷史では、探検家の松浦武四 郎(1818〜1888)が「後方羊蹄(しりべし)日誌」で書いた羊蹄山登頂の一節について、同様な議論がありました。今日ではそれはフィクションであっ たとされていますが、それに比べればレルヒ隊の山行には、はるかにリアリティがあるでしょう。いずれにしてもひらふのスキー史にとって、1912(明治 45)年4月17日が、きわめて重要な意味を持つことに、変わりがありません。

レルヒはこの年の9月に帰国しましたが、 明治は7月で終わり(7月30日明治天皇崩御)、そのときの日本は大正の世となっていました。彼は50代の若き日の恋愛をかなえて結婚。その後少将にまで 進みました。1945(昭和20)年12月にウィーンで亡くなっています。77歳でした。倶知安町では、町制施行50年を迎えた1967(昭和42)年、 旭ヶ丘展望台にレルヒ中佐記念碑を建てました。

 

April 15, 1912.

Major Lerch, his assistant and 6 military men departed Asahikawa train station on 8.15am. Their destination, Hirafu Station. Their objective, to climb Mt.Yotei on skis. Why Mt.Yotei?? They were based in Asahikawa, which is the closest city to Hokkaido’s tallest peaks, the Daisetsu Moutain Range.

Nobody knows the actual reason why. We assume that this maybe because of distance to the mountain from town. Distance from Hirafu Station to Mt.Yotei is far closer than that of Asahikawa to Daisetsu Mountains. Another reason could be because, just like we Japanese have a special emotion towards Mt.Fuji, General Lerch could also not forget the experience when he took his skis to Mt.Fuji in April of 1911. General Lerch wanted to hike and ski the spiritual mountain that has inspired Japanese nationals for centuries. Unfortunately, weather conditions did not allow General Lerch to reach the summit of Mt.Fuji. Mt.Yotei is also know as Mt.Fuji of the North, from it’s beautiful shape. Beautiful and easy access from the train station. There’s no mystery to why General Lerch chose Mt.Yotei as the stage of mountain training for his class.

Kutchan Veterans Club and Mt.Yotei Climbing Club greeted General Lerch and his team. The Climbing Club even went on a reconnaissance hike and delivered fuel and supplies to the base office.

After departing Asahikawa Station, General Lerch was supposed to meet with Newspaper editors at Otaru Station. However with some technical malfunctions to the train, they arrived at Otaru Station 3.5 hours behind schedule! By the time they arrived Kutchan Station, the clock was showing 9:30PM.

Next morning, the team woke up at 4.00am. Prepared equipment and ration. But how unfortunate, just when they were ready to leave, it started to rain heavily and the departure was cancelled. Instead, General Lerch gave a lecture on “danger in the Alps” and waited for the rain to calm down. Afternoon, the rain went down and General Lerch gave a skiing demonstration at Asahigaoka Hill. This demonstration was observed by literally every Kutchan residents. From elder to young, people of all occupations viewed and gave a large round of applause. Maybe because of all the cheers and claps, the weather turned well by late afternoon that the peak of Mt.Yotei was clearly visible.

No giving up. Mt.Yotei here we come.

April 17th, 1912, 6am. Lerch and the crew left their accommodation. Strong west winds, a bit of new snowfall overnight. Walked past Hirafu Elementary School and took a short break at Mt.Yotei Climbing Club’s office. Applied wax on skis, took a group photo, and at 8.30am, began the hike up Mt.Yotei. The weather wasn’t to their favor, strong wind and sleet hit the team. From the midst of the mountain up was covered in deep cloud.

The team formed a single line and russelled up. By 10.00am, they made it up to 550 meters elevation. From there up, the snow was hard and slopes tough, and the team was forced to take their skis off and hike up. By 11am, they reached just about the tree line. But from their up, the slopes gained more gradient and it was just impossible for them them to take their skis with them. They left their skis there and continued the hike with one ski stock.

Spring snow was hard packed and strong wind was a big obstacle to the team. It was dangerous but step by step, the team headed to the peak. Local newspaper wrote 7 article son this expedition, and according to the article Lerch repeatedly commented based on their equipment and skill, “we can’t go any further.” However, other participants insisted that “Japanese men don’t give up that easily” and continued on. By the time they reached the 6th station, it was already noon.

From the 7th station up is more of a wall rather than a slope. Blizzard was so strong that you couldn’t keep your eyes open. Temperatures dropping, the team didn’t have any senses in their fingers and toes. They all stayed low and headed straight up. However, no matter how far up they go, they couldn’t see a thing! No crater, no peak. There was one member in the team who have climbed Mt.Yotei previously and he realized that they have already reached the peak and shouted out “we’re here!” Temperature was 15 degrees below zero, no need to stay here for long. Lerch ordered the team to head down, immediately.

 

Going back was as difficult as going up.

The Japanese members who didn’t have good equipment suffered frostbites to their fingers, toes and nose. They slid down steep surfaces because their equipment could not keep them on their feet. Lerch, on the other hand did not slide down thank to the Austrian skis with metal studs.

Everyone finally strapped on their skis at 5th station. Weather turned a bit better and even some sunshine showed up. But the slopes were just too tough for the tired crew and they fell down more than they skied down. Lerch, again on the other hand skied easily down the slope. The team arrived to the Climbing Club’s office at around 5.40pm. Took a good break, warmed themselves up and headed to town. All members of town was waiting for the team’s return and a tremendous party was held. This is history’s first backcountry skiing on Mt.Yotei.
Did Lerch’s team really make it to the peak of Mt.Yotei??

This has been a long time controversy. Mr.Nakaura, who leads Japan Skiing History Research Institute concluded from his interviews, extended research on the day’s weather, equipment that the members had, that the team made it just above the 9th station. Not the peak of the mountain.

Does it mean that Lerch did not make it to the peak? Mr.Nakaura, despite his conclusion comments, “when judged by the modern day alpinism, they did not make it to the peak. However, there has been times when it was considered the peak once the team have passed the 9th station. Lerch did hike to the peak, that is one way of seeing it.”

A similar controversy aroused when the Edo-era explorer Matsuura Takeshiro wrote about his Yo5otei hike in his “Shiribeshi Diary.” Nowadays it is believed that Matsuura Takeshiro’s Yotei hike is a fiction. Compare to this, Lerch’s hike is far more realistic and certain. Anyways, April 17th, 1912 is a historic day in Hirafu’s skiing history.

 

Lerch went back to his home country in September of the same year, married to his beloved in his 50s, and passed away in Vienna in 1945 at the age of7. Kuchan town , in remembrance of Lerch, build his statue in 1967, the year the town celebrated its 50th anniversary.

 

本 文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

Pisten Bully PB400

| カテゴリ: 写真, 雑談(独り言)

Mar.22.2018

全国の圧雪車ファンの皆様ご無沙汰しております。
本日はPisten Bully PB400特集です!
いつもゲレンデのコンディションを整えてくれる頑張り屋さんです!

是非ご覧ください。

pb400 pb400_2

pb400_3 pb400_4

pb400_5 pb400_6

pb400_7 pb400_15

pb400_9 pb400_10

pb400_11 pb400_12

pb400_13 pb400_14

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.