美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Soft rime(樹氷)

| カテゴリ: 写真

Jan. 30, 2018

今日も冷えています。
暖かい格好でお越しください。

良い1日を!!

gh180130_2

gh180130_3

gh180130_4

gh180130_5

gh180130

Pisten Bully

| カテゴリ: マウンテン, 写真

gh180128

Jan. 28, 2018

全国の圧雪者ファンの皆様おはようございます。
本日もゲレンデ上部で約20cmの降雪がありました!
雪が降れば非圧雪コースはもちろん最高なんですが
圧雪コース等は、圧雪車チームが夜通し作業をして
コンディションを整えています。
このような風景はあまりお伝えする機会が無いかと思い
アップしてみました!

皆様、良い週末を!!

Niseko Powder History【第5回】

| カテゴリ: Niseko Powder History

実はひらふでは同時にもうひとつ、地域に大きな影響を与える計画が進んでいました。1962(昭和37)年3月の、第40回全日本スキー選手権大会アルペン競技会の誘致です。開催は内定にまでこぎつけていました。

けれども正式決定されるための重要な条件として、リフトの存在が取りざたされるようになっていきます。連盟にはこの大会を、66年の世界選手権誘致に結びつけようとする思惑もありました(実現には至らず)。ひらふでは建設資金が確保できなかったため、同年5月に現地調査を行った全日本スキー連盟技術運営委員会は、スキー場としては申し分ないが設備が皆無では困難であると、決定を保留してしまいました。大正時代からスキーのメッカとして道内外に知られていたひらふですが、なにしろ当時のスキーといえばまだまだ、自分で登って滑るもの。一方で日本のスキー人口は毎年着実に増え、スキーの新しい時代が来はじめていることを、人々は実感していました。ひらふを売り出したい!このままではそのための絶好の大イベントが流れてしまいます。簡単にあきらめることはできません。

かくなる上は、東京の大手資本の力を借りるしかありません。そう、日東商船です。

佐久間三機ニセコスキー連盟会長、秋山有俊同理事長、千坂功司倶知安スキー連盟理事長らはすでに5月末、役場のファイバーボード工場誘致の動きと合わせて、スキーリフトの架設を同社に陳情していました。刈り取ったササを搬出するリフトとともに、ひらふのスキーリフトにも投資していただけないか。日本でひらふほど可能性に満ちたスキー場はないのです、と。竹中社長はこれを受け、6月7日、ファイバーボード工場起工式に来町した際にリフトの建設、つまりスキー場経営にも乗り出すことを名言。合わせて地元側の協力体制を求めます。

7月上旬にはリフト運営会社としてニセコ高原観光㈱が設立され、ほどなく竹中社長が来道。札幌グランドホテルで、ひらふでのリフト架設計画の記者発表を行います。竹中はこの関で、これだけすぐれた観光資源をもちながら、北海道の人は何もしない。当初は赤字でも事業を立ち上げる。しかしニセコの開発は、ゆくゆくは地元の事業家にまかせたい、という主旨の発言をしています。また、この機に自分は全国の有名スキー場を視察してみたが、みな山中にあり、駅(比羅夫駅)からゲレンデが見えるのはここだけであること。起業家としてここに大きな成功の可能性を感じる、と述べました。ニセコ高原観光の現地立ち上げメンバーや秋山有俊ニセコスキー連盟理事長らは、この発言を受けてスキー場名を「ニセコひらふスキー場」とすることを決めました。

はやくも7月20日にはスキーリフト工事の起工式が山麓で行われます。5月中旬に全日本スキー連盟のひらふ開催保留の発表があってからここに至るまで、まずかふた月あまりしか経っていません。

 

At about the same timing as the set-up of Hokkaido Fiberboard Corporation, there was another event that had great effect to the Hirafu area. The town was putting a lot of resource to host the 40th All Japan Alpine Skiing Competition, scheduled to take place in March 1962 and the Ski Federation gave comment to the town that they are very close to winning to the bid.

However, there was one obstacle that kept Kutchan from being chosen as the hosting city. There was no ski lifts in Hirafu at that time and despite the high quality of snow and the mountain terrain, to the Ski Federation’s eyes, it lacked basic fundamentals to host the race. In those days everyone had to hike up to ski, that was just normal and ‘ski’ lifts were something rarely installed. The skiing population in Japan was on a steady rise and people knew that another new era of skiing is just around the corner. Everyone in Kutchan had strong pride that their town was one of the birthplace of skiing in Japan and could not miss the opportunity to host this nation-wide skiing competition.

When you have a dream that you just can’t give up, but is struggling to achieve it, what do you do? You ask someone you can rely on for help!

Representatives of local Ski Federations knocked the office door of the parent company of Hokkaido Fiberboard Corporation in May of 1961. The Corporation had plans of building a lift system to transport bamboos down from the mountain to their factory. The Representatives asked if by any chance the Corporation can also invest in building a “ski” lift in Hirafu. Mr. Takenaka, the CEO of the parent company, verbally agreed to investing in ski lifts when he visited Kutchan for the opening ceremony of the fiberboard factory in June 7th.

Early July, Niseko Kogen Kanko K.K. was established as the managing company of the ski lifts and the ski resort. Days later, Mr. Takenaka held a press conference at Sapporo Grand Hotel and officially announced the company’s investment plans on Hirafu ski lifts. At the press conference, Mr. Takenaka emphasized the following;

-    Kutchan is full of tourism material, yet Hokkaido locals are not doing anything to benefit from it.
-    He will not suspend the ski lift business even if it wouldn’t bring any financial profit to the company.
-    However, it is his sincere wish that the business would be carried forward by a Kitchen local in the near future.
-    He visited all major ski lifts in Japan prior to deciding on the investment, and this is the only location in Japan where the ski slopes are visible from the nearest train station (Hirafu Station) and see great geographical potential.

Given these comments from Mr. Takenaka, the start-up members of Niseko Kogen Kanko and local Ski Federations Representatives discussed and decided to name the ski slopes as “Niseko Hirafu Ski Resort.”

On July 20th, Ground-breaking ceremony of the ski lifts were held. Japan National Skiing Federation commented that Hirafu must have ski lifts to host the All Japan Alpine Skiing Competition. Amazing that it only took 2 months from that day to the ground-breaking ceremony. We can easily imagine the volume of passion the Kutchan Representatives put into bringing a ski lift to their town.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.