美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Niseko Powder History【第6回】

| カテゴリ: Niseko Powder History

NPH-6-1

ファイバーボード工場の進捗はどうたったでしょう。

実はしばらくして状況は一変。倶知安町は、思わぬ展開に色を失います。テレビブー ムの追い風を受け、ニセコ山系のチシマザサを資源活用しようとした合板工場ですが、あろうことか途中で工事がストップしてしまうのです。輸入制限が解かれ て安価な競合製品が海外から大量に輸入されることになり、建物はできたものの、機械を設置する前に事業計画が立ちゆかなかくなってしまったのでした。生ま れたての北海道ファイバーボード社は、立ち往生するばかり。ワイス方面に架ける予定だったリフトの計画も当然消滅して、日東商船の倶知安での事業は、派生 プロジェクトとしてはじまった観光開発だけになってしまいました。

本来はファイバーボード工場の責任者としてくるはずだったのが、工場建設 の調査にあたっていた大川研究所の大川仁吉です。仁吉は一転してリフト会社の現地責任者として9月に赴任しました。彼は婦人と3人の子どもとともに、合板 ではなくスキーを通して倶知安町民となったのです。

当時のことを婦人の大川きみ子さんは回想します。

「住んだのは六郷の、牧草地の中の一軒家みたいな古い家で、水道もなく、家の外に手押しポンプがありました。風呂も小屋の五右衛門風呂でした」

それまで逗子(神奈川県)に暮していた一家にとって、倶知安はあまりにも別の世界でした。

「最初の冬は、お醤油を凍らせてしまったり、薪ストーブがうまく焚けなかったり、大雪の朝、雪が深すぎて家から誰も出られなかったり。ほんとにたいへんなところに来ちゃったな、と涙が出そうになりました(笑)。地域の皆さんに助けられてなんとか暮らすことができました」

大川一家をなにより驚かせたのは、駅にいながら列車がひと晩以上も雪に閉じ込められたり、ところによって電線よりも高く積もるような、倶知安の桁外れの積雪でした。

しかしそんな冬が来る前にゲレンデのリフト工事は急ピッチで進められ、半年後には2本のリフトが無事竣工します。

け れどもリフトといっても今日のそれとは似て非なるもので、搬器197台のシートは板を渡しただけのシングルリフトです。先述の宮下雄一郎さんは、「町長は 志賀高原などに視察に行きましたが、まちの関係者のほとんどはスキーリフトなど見たことありませんから、付け焼き刃で勉強したようなもの」と言います。ス ピードにしても現在よりかなり遅めの秒速1.2メートル(第1リフト所要時間5分54秒、第2リフト5分12秒)。これには、もともとこのリフトがチシマ ザサの搬出用として認可を受けていた事情がありました。鉱山などの索道の規定に縛られていたのです。

 

 

The ski lifts were a secondary business to the company and we all remember that the primary purpose was the fiberboard business. How was production going at the new factory?

As mentioned previously the factory was “designed” to produce 30 tons of fiberboard daily. However, it didn’t actually produce a single gram. The Japanese government eased import restrictions and cheaper items started to flood into Japan. This was just after the new factory building was built and before all factory equipment was brought in and installed. The Hokkaido Fiberboard Corporation was faced with a very tough challenge right after it’s birth. The original masterplan included putting up a lift to the adjacent Mt.Weisshorn… but, of course that masterplan became history. So, what began as a secondary project, the ski lifts, became the only project in Kutchan for the company.

Let me introduce Mr. Jinkichi Okawa, a man who’s destiny made a steep turnaround along with the fiberboard company. Mr. Oikawa, his wife and three children moved from the Tokyo area to Kutchan in September. He was given position of General Manager of the new fiberboard factory and ended up becoming the General Manager of Niseko Hirafu Ski Resort.

The wife, Mrs. Kimiko Okawa, looks back at those days. “Our house was in middle of farmland, and the only water access we had was a small outside well. The first Winter was full of surprises and difficulties. The soy sauce froze, couldn’t get fire on to the wooden stove, couldn’t step out of the house from heavy snowfall. `Oh my god, where have I come to` was the thought I had everyday. Without the help and assistance from the local neighbors, I am certain my family could not have survived the Winter.”

What surprised the Okawa family the most? The enormous amount of snowfall that would cover an entire train overnight.

Construction of the lifts began that Summer and in 6 months time, two brand new lifts were up and running in Hirafu.

These lifts were called “lifts” but not a high speed or hooded lifts you see in Hirafu now. 197 chairs on these lift lines were a simple single lift with wooden seats. Most of the town’s population have never seen a ski lift before. The two lifts moved at 1.2m per second, which is very slow compared to the current day lifts. This is due to the reason that the lifts were originally registered as transportation lifts of bamboo, and the rules applied to the lifts were those of material transportation lifts, like ones in mines, not those of lifts to transport humans!

 

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.