美しい時代へ-東急グループ Grand HIRAFU

スタッフブログStaff Diary

スタッフブログ

Niseko Powder History【第5回】

| カテゴリ: Niseko Powder History

実はひらふでは同時にもうひとつ、地域に大きな影響を与える計画が進んでいました。1962(昭和37)年3月の、第40回全日本スキー選手権大会アルペン競技会の誘致です。開催は内定にまでこぎつけていました。

けれども正式決定されるための重要な条件として、リフトの存在が取りざたされるようになっていきます。連盟にはこの大会を、66年の世界選手権誘致に結びつけようとする思惑もありました(実現には至らず)。ひらふでは建設資金が確保できなかったため、同年5月に現地調査を行った全日本スキー連盟技術運営委員会は、スキー場としては申し分ないが設備が皆無では困難であると、決定を保留してしまいました。大正時代からスキーのメッカとして道内外に知られていたひらふですが、なにしろ当時のスキーといえばまだまだ、自分で登って滑るもの。一方で日本のスキー人口は毎年着実に増え、スキーの新しい時代が来はじめていることを、人々は実感していました。ひらふを売り出したい!このままではそのための絶好の大イベントが流れてしまいます。簡単にあきらめることはできません。

かくなる上は、東京の大手資本の力を借りるしかありません。そう、日東商船です。

佐久間三機ニセコスキー連盟会長、秋山有俊同理事長、千坂功司倶知安スキー連盟理事長らはすでに5月末、役場のファイバーボード工場誘致の動きと合わせて、スキーリフトの架設を同社に陳情していました。刈り取ったササを搬出するリフトとともに、ひらふのスキーリフトにも投資していただけないか。日本でひらふほど可能性に満ちたスキー場はないのです、と。竹中社長はこれを受け、6月7日、ファイバーボード工場起工式に来町した際にリフトの建設、つまりスキー場経営にも乗り出すことを名言。合わせて地元側の協力体制を求めます。

7月上旬にはリフト運営会社としてニセコ高原観光㈱が設立され、ほどなく竹中社長が来道。札幌グランドホテルで、ひらふでのリフト架設計画の記者発表を行います。竹中はこの関で、これだけすぐれた観光資源をもちながら、北海道の人は何もしない。当初は赤字でも事業を立ち上げる。しかしニセコの開発は、ゆくゆくは地元の事業家にまかせたい、という主旨の発言をしています。また、この機に自分は全国の有名スキー場を視察してみたが、みな山中にあり、駅(比羅夫駅)からゲレンデが見えるのはここだけであること。起業家としてここに大きな成功の可能性を感じる、と述べました。ニセコ高原観光の現地立ち上げメンバーや秋山有俊ニセコスキー連盟理事長らは、この発言を受けてスキー場名を「ニセコひらふスキー場」とすることを決めました。

はやくも7月20日にはスキーリフト工事の起工式が山麓で行われます。5月中旬に全日本スキー連盟のひらふ開催保留の発表があってからここに至るまで、まずかふた月あまりしか経っていません。

 

At about the same timing as the set-up of Hokkaido Fiberboard Corporation, there was another event that had great effect to the Hirafu area. The town was putting a lot of resource to host the 40th All Japan Alpine Skiing Competition, scheduled to take place in March 1962 and the Ski Federation gave comment to the town that they are very close to winning to the bid.

However, there was one obstacle that kept Kutchan from being chosen as the hosting city. There was no ski lifts in Hirafu at that time and despite the high quality of snow and the mountain terrain, to the Ski Federation’s eyes, it lacked basic fundamentals to host the race. In those days everyone had to hike up to ski, that was just normal and ‘ski’ lifts were something rarely installed. The skiing population in Japan was on a steady rise and people knew that another new era of skiing is just around the corner. Everyone in Kutchan had strong pride that their town was one of the birthplace of skiing in Japan and could not miss the opportunity to host this nation-wide skiing competition.

When you have a dream that you just can’t give up, but is struggling to achieve it, what do you do? You ask someone you can rely on for help!

Representatives of local Ski Federations knocked the office door of the parent company of Hokkaido Fiberboard Corporation in May of 1961. The Corporation had plans of building a lift system to transport bamboos down from the mountain to their factory. The Representatives asked if by any chance the Corporation can also invest in building a “ski” lift in Hirafu. Mr. Takenaka, the CEO of the parent company, verbally agreed to investing in ski lifts when he visited Kutchan for the opening ceremony of the fiberboard factory in June 7th.

Early July, Niseko Kogen Kanko K.K. was established as the managing company of the ski lifts and the ski resort. Days later, Mr. Takenaka held a press conference at Sapporo Grand Hotel and officially announced the company’s investment plans on Hirafu ski lifts. At the press conference, Mr. Takenaka emphasized the following;

-    Kutchan is full of tourism material, yet Hokkaido locals are not doing anything to benefit from it.
-    He will not suspend the ski lift business even if it wouldn’t bring any financial profit to the company.
-    However, it is his sincere wish that the business would be carried forward by a Kitchen local in the near future.
-    He visited all major ski lifts in Japan prior to deciding on the investment, and this is the only location in Japan where the ski slopes are visible from the nearest train station (Hirafu Station) and see great geographical potential.

Given these comments from Mr. Takenaka, the start-up members of Niseko Kogen Kanko and local Ski Federations Representatives discussed and decided to name the ski slopes as “Niseko Hirafu Ski Resort.”

On July 20th, Ground-breaking ceremony of the ski lifts were held. Japan National Skiing Federation commented that Hirafu must have ski lifts to host the All Japan Alpine Skiing Competition. Amazing that it only took 2 months from that day to the ground-breaking ceremony. We can easily imagine the volume of passion the Kutchan Representatives put into bringing a ski lift to their town.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

Niseko Powder History【第4回】

| カテゴリ: Niseko Powder History

リフト開業に話をもどしましょう。

実は当初ひらふのリフトは、スキー場施設として計画されたものではありませんでした。ではなんのためだったのでしょうか。

戦後まもなくから、倶知安から見ればニセコ山系の山向うの岩内には、日本ファイバーアングル工業社のファイバーボード工場がありました。ファイバーボードとは、木材の繊維を接着剤などと混合させて熱成形する合成板のことで、均質で高品質、加工も容易なことからさまざまな需要がありました。この会社の母体は、大手海運会社の日東商船㈱でした。

日東商船では、ファイバーボードの増産を図るために大規模な投資を計画しました。同社には、ニセコに無尽蔵ともいえるほどあったチシマザサ(根曲がり竹)を原料に活用する先進技術があったのです。この計画をいち早く聞きつけたのが、倶知安町の高橋清吉町長。町長は前・後志支庁長で、1959(昭和34)年1月の町長選で当選したばかり。新町長は企業誘致と観光による新たなまちづくりを掲げていました。

この1959年の冬、倶知安町ではアルペンスキー界の大スターだったトニー・ザイラーが、松竹の制作で日本で映画を撮るという情報を得て、すぐさま誘致運動に取り組みます。中心になったのは、福島新太郎道議(福島世二、現・倶知安町長の父)、南河幸治町議、そしてチセハウス管理人の織笠巌です。1956年の凝るティナダンペッツォ冬季五輪で回転・大回転・滑降の三冠を取るなど世界最高のスキーヤーだったザイラーは、1958年のシーズン後プロスキーヤーに転向。主演映画「白銀は招くよ!」は主題歌と合わせて日本でも大ヒットを飛ばしていました。しかし映画のロケ地は結局、リフト施設のある蔵王スキー場(山形県)になりました(「銀嶺の王者」1960年公開)。今度こそはと、役場と町議会はファイバーボード工場誘致に全力を挙げたのです。

町長のトップセールスに随行したのが、のちに倶知安町長(1983年から3期)となる宮下雄一郎さん。当時34歳で、総務課にできたばかりの企画室室長でした。

「役場には、その数年前に台糖」製糖会社)の工場誘致に、契約寸前でご破算を食らった悔しさもありました。関係者はこのとき、倶知安には工場がこないというジンクスがある、などと噂したものです。そこで十分作戦を練ったのです。ササは倶知安の方が資源量があり、搬出にも都合が良い。用地も胆振線六郷駅近くの町有地を提供する。そうした条件をもって東京丸の内の日東商船の本社と、製造ラインを設計する大川研究所(神奈川県逗子)に行きました。そのとき生まれてはじめて飛行機に乗りました。プロペラ機で、新聞に『昨日の飛行機搭乗者』という名簿が載った時代です。」

大川研究所の大川兄弟はこのあとひらふの歴史に深く関わることになるのですが。高い技術を持っていた彼らは山形県の新庄市で、スギの皮や廃材の繊維から合板をつくる工場をすでに稼働させていました。町長らの奮闘のかいあって、倶知安は岩内町側の売り込みにも競り勝ち、工場誘致に成功を収めました。役場内には「工場建設本部」が設けられ、高橋町長がじきじきに本部長に就任します。

1961年2月、倶知安町六郷に資本金1000万円、従業員80名、日産30トンの生産計画で北海道ファイバーボード㈱が設立されました(社長は日東商船社長の竹中治)。操業開始は、翌春の予定。6月には北海道副知事や後志支庁長、高橋町長らを来賓に迎えて起工式が行われます。計画の中には、ワイスホルン方面からチシマザサを年間30万朿刈り出すために、大規模な索道(リフト)の設置がうたわれていました。

さてこのチシマザサの繊維から作られるファイバーボードですが、はたして何に使われたのでしょう。昭和30年代のテレビを知っている過多なら記憶にあることでしょう。実は主にテレビキャビネットの裏板、小さな穴がいくつも開いた放熱板でした。合板がプラスチックよりも熱に強く、機械で打ち抜ける強度を持つことから開発されたもので、日東商船は傘下の日本ファイバーアングル工業社を通じて、国内電機メーカー各社に供給していました。

日本のテレビ放送は、1953年2月にNHKの放送からはじまっていました。その後59年春の皇太子ご成婚をきっかけに受像器の爆発的な普及が進み、60年にはカラー放送がスタート。衛生を使った海外中継がはじまったのは63年11月ですが、アメリカからの最初の中継は、ケネディ大統領暗殺の衝撃的な映像でした。日本全国のお茶の間にテレビが急速にいきわたり、メディアのあり方や人々のライフスタイルを激変させていた時代。それが60年代初頭だったのです。

 

Let’s get the topic back to the ski lifts.

At first, the lifts installed in Hirafu were not intended to carry skiers up the ski slopes. If that is the case, what were they for?

Just about the time the war ended, a company called Japan Fiber Angle Industries began running a fiberboard factory in the Iwanai area, which is located on the opposite side of the Mt. Annupuri from Kutchan. Fiberboard, is a plywood made by combining wooden fiber with adhesives. These boards were both high quality and easy to manipulate and demand was high in various industries. The owning company of Japan Fiber Angle Industries planed on large investment to uprise production of these fiberboards. The company had the advanced technology to use sass (bamboo) as base material of the fiberboards, and Niseko’s mountain range were literally covered with bamboos. Mr. Seikichi Takahashi, Town Mayor of Kutchan at that time heard about this plan and became interested as his campaign promise was to energize the town through inviting new businesses and through tourism.

The Winter of 1959, there was rumors that Anton “Toni” Sailer would be visiting Japan to for a movie shooting and Kitchen Town moved quickly to invite the film crew. However, the town saw defeat to Zao, in attracting the film crew and the reason of defeat was because Zao already had a lift system while Kitchen did not. From this experience, the town members were determined to succeed in inviting the fiberboard factory to Kutchan.

After nearly two years, in February 1961, Hokkaido Fiberboard Corporation was set up in Kutchen town. Hokkaido Fiberboard Corporation’s new Kutchan factory was designed to hold 80 full time staffs and produce 30 tons of fiberboards daily. The point here is that the factory was “designed” with the above mentioned specs and not that it actually carried 80 staff or produce 30 tons of fiberboards daily. I’ll introduce the backstory behind it in later pages…

Jumping the topic a bit, would any of the readers happen to know what these fiberboards were mainly used for? Readers in the ‘older’ generation may recall that there was a wooden plate with holes at the back of TV’s. That is where fiberboards were mainly used. TVs became widely common in Japan at around 1959, and massive numbers of televisions were produced, hence the high demand for fiberboards.

Niseko Powder History【第3回】

| カテゴリ: Niseko Powder History

1961(昭和36)年。

それはどんな年だったのか、少し振り返ってみましょう。

太平洋戦争の敗戦から復興を遂げた日本の経済は、岩戸景気と呼ばれた好況の終盤にあり、その後なお10年ほども順調な成長サイクルは続きます。この国の経済は高度成長への上昇気流に乗っていました。

海外に目を向ければ、1月のアメリカでは、民主党のジョン・F・ケネディが43歳で大統領に就任。春にはソ連(当時)が人類初の有人衛星ヴォストーク1号を打ち上げ、ガガーリン飛行士が大気圏外での地球一周に成功していました。8月、東ドイツ(当時)が東西ベルリンの境界を一方的に封鎖、のちのベルリンの壁となります。

スポーツ・文化の世界では大相撲で柏戸と大鵬が同時に横綱昇進。札幌では札幌交響楽団が北海道初のプロ・オーケストラとして誕生しています。本州企業の北海道進出が相次いだため、北海道拓殖銀行本店や日本銀行札幌支店、HBC三条ビルなど多くのビルディングが建設され、道都はビルラッシュの様相を呈していました。また北海道庁に観光課が発足したのもこの年で、春には函館空港が、夏には釧路空港が開港しました(帯広空港は1964年、旭川空港は66年開港)。

ひらふスキー場にリフトが開業した12月。豪雪と闘い続けてきた倶知安駅の構内に、硫黄川の水を引いた大規模な流雪溝が完成。また北海道と本州を海底下で結ぶ青函トンネルの調査杭工事がスタートしています。夢の大プロジェクトがいよいよ実現に向けて動き出したのです。北海道の知床が国立公園への答申されたのもこの12月で、毛色の代わったニュースとしては、文豪夏目漱石が青年時代から22年間にもわたって、後志支庁の日本海に面した古い港町、岩内に戸籍を移していたことが知られて話題になったのも、このころでした。取り持ったのは、三井物産のイワオヌプリ硫黄鉱山に出入りしていた御用商人で、この鉱山のことはのちにまたふれることになるでしょう。漱石の移籍は、開拓時代の北海道は徴兵免除地だったことから取られた措置でした。

1961年秋の国鉄ダイヤ改正では、函館・旭川間に最高速度100キロを超える初のディーゼル特急「おおぞら」が運行を開始しました。しかしこれはカーブや勾配のきつい、倶知安が位置する山線(長万部・小樽間)を避け、室蘭本線を通る列車でした。62年度の北海道開発予算は、61年度に比べて18%の伸びを記録しています。

こうして振り返ってみると、世界は戦後の復興から新たな成長や政治体制の枠組みに入り、科学や宇宙時代に向けて急速な進歩を遂げていました。日本でも伸び盛りの経済の勢いを受けて、社会インフラや文化、スポーツが大きなターニングポイントを迎えていたことがわかります。

 
The year 1961.

Let’s take a quick glance at what took place in that year.

More than a decade has passed since the end of the Asia-Pacific War and Japan at that time was on the rise. Stable growth in economy and people were full of energy.

Looking at other countries around the world, in January, John F. Kennedy became President at the age of 43, Soviet Union succeeded in launch of ‘Vostok 1’ piloted by Yuri Gagarin, who became the first human to fly around Earth in space. In August, East Germany closed it’s borders between West Germany, and later created the Wall of Berlin.

In the field of sports and culture, two great sumo wrestlers became ‘Yokozuna’ and Hokkaido’s first professional orchestra formed in Sapporo. Various Tokyo based corporations began its’ expansion to Hokkaido and the city of Sapporo was at a construction rush. Hokkaido Government created their ‘Tourism Department’ this year and two new airports (Hakodate and Kushiro) opened to welcome more guests to this Northern island.

In December, Kutchan train station built new snow-melting structure to win it’s battle against snow. Japanese Government began survey works on the undersea train tunnel to connect mainland Japan and Hokkaido via train rails. Shiretoko Area, now known for it’s wildlife was announced a National Park this year and Japan’s famous writer, Soseki Natsume moved his legal address to Iwanai to avoid conscription.

Looking back at 1961, it was an year when strong energy fulfilled the air. Many countries were taking the next step from post-war recovery and various new developments in the field of science, infrastructure, economy, sports, and culture bloomed.

 

本文はニセコひらふスキー場発達史発行委員会(Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu)により、2011年に発行されたニセコパウターヒストリーの本文中からの転載原稿です。
本文章の転用・転載は固く禁じます。
執筆ライター:谷口雅春
取材構成コーディネート:平山淳也(有限会社エーピーアイ)

The texts are reprinted from the text of Niseko Powder History published in 2011 by Committee for Publishing History of Ski Resorts Development at Hirafu.
Reproducting all or part of this content is forbidden.
Writer: Masaharu Taniguchi
Co-ordinate: Junya Hirayama (API ltd.)

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

Copyright NISEKO Mt. RESORT Grand HIRAFU.All Rights Reserved.