ニセコ グラン・ヒラフ

エコル日記

エキノコックス駆除を行いました。

| カテゴリ: 未分類

こんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今日は雨模様のエコルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し視界が明けたかと思うと、またすぐ強い雨が降ったりしています。

これではなかなか外に出るわけにもいきませんが・・・

昨日はそこそこ天気も良く、倶知安町と、倶知安のNPO法人WAOニセコ羊蹄再発見の会さんが実施している「エキノコックス駆除」の活動日でしたので、われらがグラン・ヒラフ場内にも、ベイト(駆虫薬の入った、キツネのエサ)を撒いて回りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鏡沼に久しぶりに行きましたが、沼のまわりの湿原はもうすっかり秋モードでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エゾリンドウ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホロムイイチゴの紅葉と、ウメバチソウの花。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地面の草の葉が赤く色づくことを、「草紅葉」と言ったりしますが、まさにそんな感じ。とてもキレイでした。

鏡沼は、どこから行くにしてもけっこう歩かなければたどり着けないので、訪れる人も少なく、とても静かな良いところですね。

 

ところで、北海道のキツネ(キタキツネ)には、平均して40%くらいにエキノコックスという恐ろしい寄生虫がついています。エキノコックスは、キツネの腸の中に住み着くのですが、そこで産まれた卵が、キツネの糞に混ざって、出てきます。その糞から汚染を受けた水や山菜などが人間の口に入ると、人間の肝臓に幼虫が住み着き、そこで少しずつ増え続けます。症状が出るまで10年くらいかかるのですが、症状が出たころにはもう手遅れで、多くは命を落とすことになります。今なお、毎年道内で20人くらいの発症が見られますので、恐ろしいですね。

自然の中では、エキノコックスの卵はネズミに食べられ、ネズミの肝臓で増殖します。ネズミの肝臓はとても小さいですのですぐに症状が出て、ろくに逃げられなくなりますから、キツネに食べられてしまいます。すると、増殖した幼虫が今度はキツネの腸内に住み着き、そこで成虫になり、卵を産み始めるのです。

このようにエキノコックスはとても恐ろしい寄生虫なのですが、前述の方法でわりと簡単に駆除することができます。駆虫薬を混ぜたエサ(ベイトという)を、キツネのいるエリアに撒いて、キツネに食べさせると、キツネの腸の中にいるエキノコックスを殺すことができます。キツネには一切害を与えずに、エキノコックスだけをやっつけることができる画期的な方法です。ネズミにしろ、人間にしろ、肝臓で増えたエキノコックスの幼虫は、外科的に取り除くしか方法が無いことに比べると、ベイトによる成虫の駆除はとても効果的なやり方です。

実際に、2年前の倶知安町内の調査では、1%未満のキツネにしかエキノコックスの感染がみられなかった、という目覚ましい結果も報告されています。素晴らしいですね。倶知安町とともに、この活動を地道に行ってきたグラン・ヒラフ場内も、おそらく非常に低い感染率に抑えられていることと思われます。

で、昨日、1000m台地方面に徒歩でベイト撒きに行った際に見かけたキツネさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毛並みがきれいで、かわいい奴でした。私から少し離れた距離を保ちつつも、耳の後ろを足で掻いたり、あくびをして見せたりと愛嬌がありました。

ついつい、手に持っているベイトを直に与えてみたくなりましたが、そんなことをするとキツネと人間との距離感がおかしなことになってしまいますので、少し離れたところにベイトを置いて、「あとで食べなさいよ!」と声をかけて、私はその場を立ち去りました。キツネもちょうど、草の茂みの中に姿を隠しました。
ベイトには、キツネの好む臭い(けっこうな悪臭・笑)が付けてありますので、きっと後で見つけて、食べてくれていることでしょう。

1000m台地周辺は、たくさん花が咲いていて、とてもきれいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人間が一株たりとも花を植えたりなんかしていないのに、こんなにもたくさんの花が自生している、というのは、素晴らしいことだと思います。しかも、この標高では、外来種はほとんどありません。ゲレンデの維持のため、年に一回、秋に草刈りを行う、という唯一の人為が、これらの草原性のお花たちにとっては、理想的な環境を提供していることになるのですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコルから1000台地に向かうルートで見られる、オオバショリマ(シダの一種)の群生。これだけの規模の群生も、なかなかよそではお目にかかれませんよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋のゲレンデを代表する花、ヤマハハコ。清楚な白い花びらが、雪が降るまでドライフラワーとなって残ります。

 

おまけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコルの前のササやぶで見つけた、アカエノズキンタケちゃん。とても小さいです。可愛いです。これから1週間くらいはその姿が見られるでしょうか。

1人30分1,000円からのガイドツアーをご利用いただくと、このキノコの生えているところをピンポイントでご案内できます。ぜひ皆様、見にいらしてください。

お越しの際には、あたたかい恰好でいらしてくださいね。エコルはもう、すっかり寒いです。

皆さまのお越しをお待ちしております。

秋到来ー!

| カテゴリ: 未分類

こんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

昨日からぐずついた天気が続いておりましたが、今日の午後から、晴れ間が出てきましたよ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコルの窓からの眺めは、まるで一幅の絵画のようです!

キレイですね~~~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

羊蹄山には、雲がかかっていました。

 

さて、今年は雨が多いですので、森の中は湿気に満ちており、ある生き物の気配が、地面の中や枯れ木の中からビンビン伝わってきています。

その生き物とは・・・

そう、もちろん、あの子たちです!

 

ここ数日に、森の中で出会ったかわい子ちゃんたちを紹介します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キホコリタケ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コウタケ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コガネテングタケ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンイロイッポンシメジ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツルタケの仲間

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ニカワジョウゴタケ

 

いやはや、森を歩けば、そこもかしこもキノコだらけでございます!

エコルの前のダケカンバ林でも、いろんなのが生えておりますので、ぜひ皆様、見にいらしてください。

ただ、エコルの周りでは、空気は数日前とは一変して、完全に「秋」モードになっています。「涼しい」を通り越して、正直、寒いくらいですので、それなりの格好でいらしてくださいね。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

雨が降ったりやんだり。

| カテゴリ: 未分類

こんにちは。エコル・kiyoshiです。

 

今日は午前中はそこそこ良い天気で、景色も見えていたのですが、午後は雨が降ったりやんだりで、エコルのまわりはときどきガスで真っ白になってしまっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

午前中は工作コーナーもにぎわいました。

こちらのお客様はかなりじっくり時間をかけて、ステキな作品が仕上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リスの人形が基本の形ですが、別料金の台(200円)を追加すると、こんな感じのジオラマ風の作品にすることもできます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

にっこり。

夏休みの工作に、ちょうどいいですね!

 

ガイドツアーでは、今年は雨が多いので、たくさんのキノコをご覧いただけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コガネテングタケの幼菌

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュイロハツ

どれも小さいキノコばかりですが、じっくり見ると可愛いキノコたちでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あと、この標高ではめずらしい、オカモノアラガイというカタツムリのちっこいのもいました。

全体が1センチにも満たない、ちびっこちゃんでした。

今日はすっかり気温も下がり、少し寒いくらいです。エコルの周りでは夏はもう終わってしまったような雰囲気です。

ぜひ皆様、エコルに涼みにいらしてください。