NISEKO Mt RESORT Grand HIRAFU

2011年12月
« 7月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Recent blog article

アーカイブ: 2011年12月

 

 

 

1960年から今日まで、ひらふには全国の若者がおおぜい訪れ、やがて移り住む人々も増えていきます。ひらふ坂で人気の居酒屋Bang-Bangのオーナー齊藤正信さんも、1970年代に道外からやって来た一人でした。

 

 

masanobu_saito.jpg
 佐賀(九州)の出身で、北へ北へと旅をつづけるうちにひらふと出会いました。
 道東の尾岱沼(おだいとう・別海町)の漁師さんの手伝いをずっとして、それが終わるとスキーを覚えようとひらふにやって来たんです。山本由紀男さんの「ゆきやま山荘」が立ち上がった年(1976年)。『白雲荘』でバイトをしながらひと冬夢中ですべりました。どんどん上達していくのがおもしろくて仕方なかったですね。いろんな土地からいろんな人が集まっていて、とにかく毎日が新鮮でした。そのうち ああここに住みたいな、と思いました。

 

 でも若かったし、旅の虫は収まりません(笑)。ひらふに腰を据えたのは、それから4年近くイギリスやフランスで暮らしたあとのことでした。
 外国語と料理とワインを学びたかったのです。バーミンガム(イギリス)、パリ、ブルゴーニュなどで経験を積みました。帰ってきてニセコ高原ホテルで働きながら、ペンションをやろうと考えました。ところが予想を超えるペースでペンションが増えていて、これじゃあ過当競争になるぞ、と思いました。一方で、ひらふで働く人たちが飲みに行く場所はあいかわらず少ない。ならば居酒屋をやろう、と。それがBang-Bangのはじまりです。ホテルを辞めるとき、上司に引き留められたのですが、「僕には夢があるんです!」なんて言ったことをおぼえています(笑)。
 かつてバイトをした尾岱沼の漁師さんには、そのときから現在まで、魚の仕入れ先になってもらっています。

 


 

齊藤さんがヨーロッパに旅立つ前に知り合い、ニセコ高原ホテルに勤めていたのが、敏子夫人。敏子さんは居酒屋開業当時のことを、とにかく目の回る忙しさだったと言います。
「早い時間はスキー客、遅くなるとホテルやペンションの従業員たちが来てくれました。どうかすると午前2時とか3時まで帰ってくれないのです。商売としてうれしいのですが、ほんとに困りました(笑)」

 


 

 僕たちはスキーを滑りたかったからね。いまはビジネスのためだけにひらふで暮らす人も増えていますが、僕たちはまず毎日スキーを滑りたかった。ここに暮らしてスキーをするために、僕たちふたりは店をはじめたんです。
 スキー好きのオーナーの店には、スキー好きが集まります。従業員もそうですね。そんな若者の中には、テレマークスキーヤーの高梨 穣(ゆたか)さんのように、うちでバイトをしてひらふで暮らすことを決めていった人たちがいます。

 

 Bang-Bangのとなり、ひらふ坂に面した店も切り盛りするようになったのは、13年ほど前。はじめは借りて、その後買い取りました。今はBang-Bang の姉妹店、Bang2として営業しています。

 スキーシーズン中のひらふは、本当にいろんな店が切磋琢磨して、活気あるまちになります。飲食店ですから、おいしいのは当たり前。私はできるだけ、国籍も、常連かそうでないかも問わず、すべてのお客さまに声をかけます。ちょっとした会話がお客さまの印象に残って、翌年、「ほんとは長野に行こうと思ったけど、また来ちゃいました」なんて言われることもあって、そんなときはほんとうにうれしいですね。

 

 私も50代後半になって、ビジネスも生き方も、若いときより自然体でいられるようになったと思います。青春時代の旅やいろんな経験がいまになって生きてきた、といえるかもしれません。ひらふも私たち夫婦の人生も、お楽しみはまだまだこれから、という気持ちです。

 

●Niseko Bang-Bang
倶知安町字山田188-24 グランヒラフスキー場
TEL:0136-22-4292
http://niseko.or.jp/bangbang/

 

 

 

ひらふの人気店「グラウビュンデン」を経営する渡辺淳子さんは、1961年にひらふにリフトを開業した(株)ニセコ高原観光の初代事務所長、大川仁吉さんの次女。ひらふ育ちの淳子さんにお話しをうかがいました。

 

 

junko_watanabe.jpg

 ワタシは三人兄弟の一番下。一家5人が神奈川からひらふに移り住んだのは、父がニセコ高原観光の現地責任者になってリフトを立ち上げた、1961年の秋でした。そのときワタシはたったの1歳。ですから自分のふるさとはひらふなんです。

 

 物心つく前から、冬の遊びはもちろんスキーでした。中学生のころ、大手航空会社のスキーツアーがはじまりました。毎年テレビや雑誌の広告が華やかでした。中3のとき、スキーヤーのひとりとして広告のモデルになったんです。その後、リフト会社の所長の娘ということもあり、滑りのシーンならいい娘がいるよ、という感じで、重宝に使われるようになりました。そうして広告制作の現場にふれるうちに、映されるよりも映す方、作り手側に興味がわいてきました。みんなセンスが良くて遊び心をもった、カッコイイおじさまの世界(笑)。自分もこういう世界で働きたい!ファッションが大好きだったので、スタイリストになりたい、って考えるようになりました。

 

 高校を卒業すると、東京へ。ひらふの仕事に来ていたスタイリストさんの事務所でバイトをしながら、スタイリストをめざして専門学校に通いました。両親も、お前がやりたいのならがんばってみろ、と言ってくれて。卒業後は、数え切れないほど電話をかけまくって(笑)、なんとか就職。4、5年経験をつんでから独り立ちしたんです。

 

 そのころは、アンアンやノンノといった雑誌が大人気。やがて、新しくて刺激的な仕事にも出会えるようになりました。そしてやって来たのが、スヌーピーをキャラクターに使ったスキーツアーの仕事。10代のワタシがスキーヤーとして関わった広告に、今度は裏方のスタイリストとして参加したのです。う〜ん、感慨深かった。セールスポイントは、なんたって「滑れるスタイリスト」!(笑)

 

 日本の経済にとても元気があった80年代。スキーのほかにもいろんな分野の仕事がありました。いまならデジタル技術で合成できるようなシーンでも当時はできませんから、年に6、7回は海外ロケへ。カー・ラリーのマネージメント会社にいた、今の主人と出会ったのも仕事の現場です。優秀な写真家やアートディレクターたちと大手企業の広告を作っていく世界は、10代のころのあこがれでしたし、充実した毎日でした。いろんな国のいろんなすばらしい土地にも行けたし。

 

 でもどこに行っても、いつも心のどこかにはひらふがあったんです。一見華やかな世界にいても、結婚して子供を産んで、ワタシはいつかひらふに帰るんだろうな、と思っていました。理屈じゃなく、なんて言えばいいのかな・・・。

 

 24歳で結婚して、主人にも「いつか北海道に帰りたいんだ!」って宣言していました。でも先に北海道に移ったのは彼の方なんです。ホテル日航アンヌプリ(現ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ)の開業(1985年)のスタッフ募集に応募したんです。

 

 ワタシも東京を引き揚げる用意をしながら、離れた暮らしがしばらく続いたのですが、1990年の暮れに泉郷にグラウビュンデンをオープンさせました。当時のひらふは、新しい感覚のペンションが建ちはじめていましたが、地域に開かれた、誰でも気軽に立ち寄れるおしゃれな場所がほとんどなかったんです。だからスキーヤーがゆったりおしゃべりが出来る居心地の良い場所をワタシが作ろう、と。ネーミングは、サンモリッツ(スイス)のある州の名前から。倶知安町はサンモリッツと姉妹都市の間柄にありますが、1964年にその提携が結ばれたとき、父も向こうに行ってひと役買っているんです。ドイツ語ができたので、お役に立ったそうです。父が大好きだった娘として、ぜひつけたかった名前でした。

 

 オープンしても東京でのコマーシャルの仕事があると、出かけていました。ほんとうの意味で腰を落ち着けたのは、1994年の2月から。スイーツのメニューや扱うグッズも、それから少しずつ充実させていきました。

 

 いまでは国内はもちろん世界のあちこちから、いろんなスキーヤーやボーダーが、「やぁ元気?! 」って来てくれます。ふたりの子どもものびのび暮らしています。特に長男の大介は、スノーボード・クロスで、世界を舞台に戦っているんです。

 

 いまのひらふと私たちを、父に見せたいなー。そんなことをときどき思います。

 

 

●グラウビュンデン
倶知安町山田132-26
tel : 0136-23-3771

http://graubunden.jp/wp/

 

 

 

masaharu_taniguti.jpg

人間が生身の身体と最小限のツールで自然のふところに分け入り、重力の恩寵だけで最もクリエイティブな生き物になれる遊び–。『ニセコパウダーヒストリー』制作のために数十人の方にお話をうかがった日々は、そんなスキーやボードの定義を、あらためて味わってみる日々でもありました。

 

イワオヌプリの硫黄鉱山やレルヒ中佐の来町にさかのぼるまちの歴史をひもときながら、僕はヒラフがスキーによって見いだされた特別な土地であることの意味に、考えを巡らせていました。

 

スキーというワンテーマによって、ヒラフの地域史は、額縁や資料庫に収められた過去のお宝ではなく、現在と未来に直結してイキイキと呼吸をする運動体でありつづけています。
僕にとって、この本に関わることができた経験は、いつまでも色あせることのない糧となるにちがいありません。
この機会をくださった刊行委員会の皆さまをはじめ、ご協力いただいたすべての方々に深く感謝申し上げます。

 

 

2011.12.17
ノンフィクション・ライター  谷口&nbsp雅春

 

 

 

倶知安ネイティブのプロ・スノーボーダーを紹介しましょう。

hiromasa_ihara.jpg 僕は1980年に倶知安に生まれました。22才でプロライセンスを取って、現在は雑誌やDVD、イベントなどで活動しています。

 倶知安の子どもはみなそうですが、雪あそびはまずミニスキーやソリから。小学生になってやがてスケートボードに乗るようになって、その延長でスノーボードと出会いました。中3の春、ひらふにあったスノーボードショップでボードを買って、ビデオを見ながら独学で滑りはじめました。それからは両親があきれるくらい熱中していきます。

 次のシーズンの3月、スノーボードジュニア世界選手権が白山一里野温泉スキー場(石川県)で行われ、力試しに挑戦しました。

 ひらふではほとんどできなかったハーフパイプ競技で、親はすごい世界を知ったら熱が冷めるんじゃないか、と思ったようです。でも僕は、「力いっぱいがんばってこい!」と応援してくれたと思った(笑)。そしてこのたった2日間で、自分でも驚くほど成長しました。そして直後に白馬乗鞍であった全日本のユース(ハーフパイプ)で優勝しちゃったんです。

 

 両親もさすがに驚いたようです。そのときのボードは、札幌のスーパーマーケットで買ったもので、いわゆるメーカーものではありませんでした。倶知安農業高校2年生のシーズン、フィンランドで行われたワールドカップにも出場しました。子どものころから運動神経は良い方で、スノーボードのほかにノルディックスキーにも熱中していましたし、高校では野球部のキャプテン。集中力にもちょっと自信がありました。ボードにのめり込む日々が続きました。

 

 でもだんだんと、人と競うだけではつまらないなと思うようになったんです。後輩の中井孝治君が出てきてスノーボード競技はさらに盛り上がっていったけれど、僕はなんだか、ポイントを競うだけでは満足できなくなりました。もっとなんというか、自分を表現する手段としてスノーボードを考えたかった。だからやがて競技の世界から雑誌や映像の世界に舞台を移しました。アメリカで写真家の花坂孝さんと会って意気投合したことも大きかった。やがて、スノーボードはアートなんだ、って確信したのです。つまり山と雪は白いキャンパスで、そこに自分が何を表現するか。その一瞬を切り取ってくれるのが、写真家です。

 

 2008年の暮れ、自分を表現するもうひとつのメディアとして、倶知安の駅前通に「マニャーナカフェ」をオープンさせました。マニャーナとは、スペイン語で「明日」の意味です。

 ボードを脱いでも、ひとりの大人として社会と関わっていく基盤がほしいと思いました。店の内外に、スノーボードの世界観はあえて出していません。仲間うちだけでわいわい盛り上がる店にするよりも、まず地元の人に日常的に通ってもらう店にしたかったから。倶知安ではよく「山の人」「まちの人」という言い方をします。僕はこのカフェで、それぞれの人が気軽に交わってほしい。そのためにも、いまよりさらに、まちの人に山に入ってほしい。そしてここから世界に向けて何かを発信できたら、と思っています。

 

 仕事で海外のいろんなまちを訪ね、たくさんの刺激を受けるたびに、倶知安のことを考えます。21世紀になってオーストラリア系の人びとが移り住むようになり、彼らから刺激を受けて倶知安は少しずつ変わってきた、とも感じています。倶知安で生まれ育った人間として、山で積み重ねられてきた人と雪の歴史を大切に受け継ぎながら、その上で、このまちに何か新たな刺激をもたらしたい。カフェに集まるいろんな人の力を借りながら、僕はこの店でも、自分なりの何かを表現していると言えるかもしれません。

 

 

● 井原寛公さんのブログ
http://iharahiromasa.jugem.jp/

 

●マニャーナカフェ
倶知安町南1条西2丁目4-2
tel : 0136-22-3735
http://lapulife.com/cafebar.html

ブログ更新再開!

new_gondola.jpg2011年12月17日にひらふスキー場(現グラン・ヒラフ)がスキーリフト営業開始50周年を迎えることを記念して開設した当ニセコひらふおもしろ歴史ブログですが、12月10日にヒラフゴンドラがリニューアルオープン、同時に新マウンテンセンターもオープンし、まさに、50周年を期に次のステップを上るひらふの新シーズンの幕開けとなりました。

h1-jp.jpg h1-en.jpg

2009年の12月にはじまった当ブログも36編を数えるにいたりましたが、この度、その取材を基にし、さらに詳しく纏め上げた単行本「ニセコパウダーヒストリー」が完成いたしました。
当ブログ更新が一時立ち止まったのは、実はこの本の刊行作業に没頭させて頂いておりましたのがその理由です。ブログ更新を待たれていらっしゃいましたファンの方々には深くお詫び申し上げます。
この「ニセコパウダーヒストリー」は、日本語版、英語ダイジェスト版の2種類を発行し、2011年12月1日より発売いたしております。
ホテルニセコアルペンなどグラン・ヒラフ内の売店及び道内主要書店、amazon.co.jpなどでお求めいただけますので是非、お手にして頂ければと思います。

また、ひらふゴンドラ乗り場駅舎1Fには、この本の内容に準じた「ニセコパウダーヒストリー展示室」を開設し、パネル展示と、同名の動画上映も行っております、是非、お立ちよりください。

●開設期間:2011年12月10日〜2012年3月31日
●開設時間:9:00〜16:00
※入室無料