NISEKO Mt RESORT Grand HIRAFU

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent blog article

アーカイブ: 2010年1月


02-09_yamada_onsen.jpg
『北海大観 (ほっかいたいかん)』(大正3年7月13日発行)より


 硫黄の次にこのエリアが知られるようになったのは、温泉のおかげでした。はじまりは1885(明治18)年。岩内に住む渡島某(※倶知安町百年史の表記)がチセヌプリ南麓に間欠泉を発見(大湯沼。現湯本温泉)。かたわらに笹掛けの小屋を建てて浴場にしました。
 1894(明治27)年には、倶知安への最初の入植者のひとりである山田邦吉がニセコアンヌプリの東麓に温泉を見つけて、1897(明治30)年に山田温泉として開業。このできごとが、今日グラン・ヒラフがある「倶知安町字山田」のはじまりとなりました。
 1896(明治29)年には尻別川をのぼったところ(現蘭越町)に成田温泉(現薬師温泉)、1898(明治31)年には同じく現蘭越町に宮川温泉(現鯉川温泉)が発見され、1905(明治38)年にも現蘭越町に青山温泉が開かれます。ニセコはしだいに、北海道でも有数の山岳温泉郷となっていったのです。1904(明治37)年に小樽(高島)・函館間に北海道鉄道(現JR函館本線)が開通すると、ニセコの景勝と温泉への関心はいっそう高まっていきました。


01-Image1-1-1_goshiki.jpg
五色温泉(昭和初期)


 明治末から大正にかけて、ニセコではさらに温泉開発が進められます。1908(明治41)年には、倶知安から硫黄鉱山に向かう旧道沿いに小川温泉(のちに青山温泉、現在廃業)が。同じころ蘭越の奥地に新見温泉が開業しました。1920(大正9)~26年には、現在の五色温泉のはじまりとなる井上温泉と稲村温泉が開業。1937(昭和12)年の冬には、それらの近くに札幌鉄道局の山の家が開かれました。

 大正から昭和へ、こうしてニセコの温泉が人気を集めていくのと、北海道帝国大学や小樽高等商業学校(現小樽商科大学)の学生のあいだでスキー熱が高まっていくのは、期せずして重なっていました。時代は山スキーの大いなる魅力に目覚めていくのです。


03-02.jpg


 さて、これからひらふスキー場が開業した1960年代の話をしていく前に、しばらく時代をさかのぼることをご容赦ください。なにしろニセコのスキー史はレルヒ中佐が倶知安を訪れた1912(明治45)年にはじまるのですし、ニセコに人の営みが生まれたころについても、ぜひ皆さんに知っていただきたいのです。すべては、ニセコひらふをもっと楽しみ、もっと好きになっていただくために?。

 倶知安町に最初の入植があったのは、徳島県人を中心とした47戸が開墾に着手した1892(明治25)年のこと。漁業や交易で中世からさまざまな人の営みがあった日本海側とちがい、北海道の内陸開拓が本格化するのは明治20年代のことでした。
 しかし江戸時代、グランヒラフのあるニセコアンヌプリの北西隣、イワオヌプリから硫黄が採掘され、岩内に運び出されていたことが記録に残っています。採掘は遅くとも1804(文化初)年にさかのぼりますが、本格的に採掘されたのは、1861(万延2)年ころのこと。ニシン漁を中心に当時の岩内で大きな商いをしていた場所請負人佐藤仁左衛門(屋号は仙北屋)が、約20キロの山道を整備して、採掘した硫黄を馬で岩内まで運びました。労働力は、ニシン漁のために集めた雇い人たち。彼らが困難の末に開いた道は、現在の道々66号、ニセコパノラマラインの原型となったのです。


4.gif


 時代が明治に下ると、開拓使のお雇い外国人ライマン(地質学者)のお墨付きもあり、本格的な採掘がスタート。1886(明治19)年には三井財閥が日本で初めての蒸気精錬法によって生産を拡大しました。当時硫黄は、日本の重要な輸出品であったマッチの製造に欠かせないもの。開拓がはじまった北海道にとって、きわめて重要な資源だったのです。鉱山は経営母体が替わりながらも、1937(昭和12)年まで操業されました。2009年、かつてのイワオヌプリ硫黄鉱山は、経済産業省の「近代化産業遺産群」に選ばれました。
 ニセコひらふの前史は、こうしてまず、岩内側からはじまります。